@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

形見【カタミ】

デジタル大辞泉

かた‐み【形見】
死んだ人や別れた人を思い出すよりどころとなるもの。残した品や遺品、また、遺児。「父の形見の万年筆」
過去を思い出させるもの。記念の品。「旅の形見とする」
[補説]作品名別項。→形見

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かたみ【形見】[書名]
原題、〈フランス〉Laisビヨン。1456年頃の作。8音綴の8行詩。小遺言書。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かた‐み【形見】
〘名〙
① 死んだ人、または遠く別れた人を思うよすがとなるもの。死後または別後にその人のものとして残されたもの。遺品や遺児。
※万葉(8C後)一五・三七五三「会はむ日の可多美(カタミ)にせよと手弱女(たわやめ)の思ひ乱れて縫へる衣そ」
※竹取(9C末‐10C初)「脱ぎおく衣(きぬ)をかたみと見給へ」
※火の柱(1904)〈木下尚江〉一四「其犠牲になった無名氏の一人の遺児(カタミ)が」
② 本物の代わりとなるもの。形代(かたしろ)
※播磨風土記(715頃)宍禾「一に云はく、大神、形見と為(し)て、御杖を此の村に植(た)てたまひき」
③ 過ぎ去ったものを思い出す種となるもの。思い出のよすが。記念。なごり。
※古今(905‐914)春上・四六「むめがかを袖にうつしてとどめてば春はすぐともかたみならまし〈よみ人しらず〉」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

形見」の用語解説はコトバンクが提供しています。

形見の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation