@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

彫込【ほりこみ】

精選版 日本国語大辞典

ほり‐こみ【彫込】
〘名〙 彫物・印刻などで、模様や文字を低く、地を高く彫ること。また、その低く彫り込んだ部分。
※エオンタ(1968)〈金井美恵子〉一二「彫りこみの装飾のある古めかしい額の中に」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ほり‐こ・む【彫込】
[1] 〘他マ下二〙 彫る。彫って刻みつける。
※羅葡日辞書(1595)「イシ、カワラニテ モノヲ ツギアワセ、foricometaru(ホリコメタル) ドダン」
[2] 〘他マ五(四)〙 (一)に同じ。
※羅葡日辞書(1595)「イシ、キ ナド ニテ モノノ モンヲ ツギ アワセ foricomitaru(ホリコミタル) モノ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

彫込」の用語解説はコトバンクが提供しています。

彫込の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation