@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

彰考館【しょうこうかん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

彰考館
しょうこうかん
江戸時代初期,水戸藩主徳川光圀が設立した修史のための研究所。光圀は『大日本史』の編集を思い立ち,明暦3 (1657) 年江戸駒込の藩邸史局を設けて着手し,寛文 12 (72) 年これを小石川の藩邸に移して彰考館と名づけた。『左伝』のなかの「彰往考来」の字句にちなんだものである。多いときは 59人の館員を擁して『大日本史』の編集が盛大に行われた。彰考館はのちに水戸城中に移されて隠居した光圀が指示を与えていたが,その没後江戸の藩邸と水戸の城内とに分置され,江館,水館と呼ばれた。幕末,斉昭のとき江館は廃止され,もっぱら水戸で修史事業が続けられ,1906年,『大日本史』完成とともに閉館された。彰考館文庫が残ったが戦災焼失,その蔵書は大部分難を免れて水戸徳川家別邸にある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しょうこう‐かん〔シヤウカウクワン〕【彰考館】
寛文12年(1672)水戸藩主徳川光圀(とくがわみつくに)が江戸小石川の藩邸内に設けた「大日本史」の編纂(へんさん)局の名称。現在、水戸偕楽園(かいらくえん)近くの徳川ミュージアムに諸資料を保存。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しょうこうかん【彰考館】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しょうこうかん【彰考館】
水戸藩主徳川光圀が「大日本史」編纂のため設立した編纂局。初め江戸に置かれ、光圀の死後水戸にも設けられたが、1829年徳川斉昭が水戸に統合。水戸学の中心となった。「大日本史」完成後、彰考館文庫として今日に至る。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

彰考館
しょうこうかん
水戸(みと)藩の修史局。徳川光圀(みつくに)は世子時代の1657年(明暦3)初めて史局を江戸駒込(こまごめ)の水戸藩中屋敷(東京大学農学部敷地)に開いたが、十数年後、藩主時代の1672年(寛文12)それを小石川の本邸内(東京の後楽園はその庭園)に移して彰考館と名づけた。これによって『大日本史』の編纂(へんさん)は本格的となった。館名は、中国の学者杜預(どよ)の左伝の序「彰往考来」の語句に由来する。館には、光圀の招きに応じて全国から多くの学者が集まり、多いときは60名を超えたこともある。1683年(天和3)以来、1~数名の総裁が置かれた。なかには知名の学者も少なくない。1698年(元禄11)には同館の主体は水戸城内に移された。これは、光圀が引退し、水戸に近い西山荘(そう)(常陸太田(ひたちおおた)市)にあって修史の監修にあたる必要があったためである。以後、彰考館は江館(こうかん)(小石川邸内)と水館(すいかん)(水戸城内)の2館に分かれて編纂が進められた。光圀に続く第3代綱條(つなえだ)以後は館員も減少し、修史事業も衰えたが、第6代治保(はるもり)時代に復興し、9代斉昭(なりあき)は江館をやめて水館にまとめた。1871年(明治4)閉館同然となったが、徳川家は栗田寛(くりたひろし)らに委嘱して79年同館を再開、『大日本史』志表の脱稿に努めた。1906年(明治39)同書の完成によって修史局としての彰考館は閉鎖された。[瀬谷義彦]
『栗田勤著『水藩修史事略』(1928・大岡山書店)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しょうこう‐かん シャウカウクヮン【彰考館】
「大日本史」の編纂局の名。明暦三年(一六五七)徳川光圀が江戸駒込の別邸に史局を設けたのに始まり、それを江戸小石川の本邸に移したときに命名。その後、水戸城内や偕楽園に移転、明治三九年(一九〇六)「大日本史」の完成まで存続した。のち、彰考館文庫として旧蔵書を保存したが、昭和二〇年(一九四五)戦災で多くの蔵書を失う。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

彰考館
しょうこうかん
江戸前期,水戸藩主徳川光圀 (みつくに) が設立した『大日本史』の編纂所
1657年から江戸駒込別邸内に史局を設け編纂を開始したが,'72年小石川の本邸に史局を移し,彰考館と命名した。光圀の死後水戸にも置かれたが,1830年徳川斉昭が水戸に統一した。光圀自身も出勤し多くの儒者・筆生を集め,修史事業のほか,経書の講義も行われた。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

彰考館」の用語解説はコトバンクが提供しています。

彰考館の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation