@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

役方【やくかた】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

役方
やくかた
江戸時代,幕府諸藩での軍事組織を番方と呼んだのに対し,行政・家政組織を一般にこう呼んだ。幕府では御用人寺社奉行町奉行勘定奉行など,政治・経済関係の重職はもちろん,その属僚たちをさす言葉としても用いられた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

やくかた【役方】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

やくかた【役方】
江戸幕府の職制で、番方に対して文治系統に属するものをいう語。寺社・町・勘定の三奉行をはじめ財政・司法・行政にかかわる役職を総称していう。 ⇔ 番方

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

役方
やくかた
江戸幕府の職制区分。武官である番方に対して、行政・経済関係の役職を総称して役方といった。寺社奉行(ぶぎょう)、町奉行、勘定奉行のいわゆる三奉行をはじめとして役職の数は多い。江戸初期には幕府の機構も体系化されておらず、番方との区別はあいまいな点が多く、格式上も下位に置かれた。その後、18世紀にかけて役職の整備が進展し、また政治・経済が複雑化されるとともに重要性も増し、実質的に番方より優位にたつようになった。18世紀初頭には番方とは独自の役方の就職・昇進の体系も確立したとみられる。[佐々悦久]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

役方
やくかた
江戸幕府の職制による区分
大番・書院番などの武官である番方に対する語で,三奉行などの行政・経済関係の実務に従事する役職をいう。初め番方が武士の誇りとされたが,江戸中期以降文治政治とともに政治・経済が複雑化するにつれて役方が優位にたった。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

役方」の用語解説はコトバンクが提供しています。

役方の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation