@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

徂徠学【そらいがく】

世界大百科事典 第2版

そらいがく【徂徠学】
江戸中期の儒者荻生徂徠(1666‐1728)が唱えた儒学思想。その内容は徂徠主著《学則》《弁道》《弁名》《徂徠先生答問書》などに述べられる。徂徠以前にもっとも勢力のあった儒学思想は朱子学であって,徂徠もはじめは朱子学を学んだが,40代の中ごろ,1710年(宝永7)ころから朱子学に二つの点で疑問を抱くようになった。朱子学では,道徳修養を積んで人格を完成させるのが人間のつとめであると教える。徂徠の疑問の第1は,あたかも18世紀の初頭から幕藩体制は行きづまりの兆候を見せはじめていたが,道徳をしきりに説き,道徳を守りさえすれば事足れりとする朱子学のような非政治的な思想をもって,当代の政治的危機に対処できるだろうかということであり,第2は,あまりにも厳格に道徳を説く朱子学は人情の自然を抑圧するのではないだろうかということである。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

徂徠学」の用語解説はコトバンクが提供しています。

徂徠学の関連情報

関連キーワード

ドライデンニュートンクロノグラムホイヘンス大老ホイヘンスボイル(Robert Boyle)モリエールライプニッツ宇和島城

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation