@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

律宗【りっしゅう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

律宗
りっしゅう
南都六宗の一つ。戒律の研究実践を解脱とする宗派。中国,道宣によって成立。天平勝宝6 (754) 年に道宣の弟子,恒景から受戒した鑑真が来日し,東大寺戒壇院を設けた。次いで唐招提寺を建立して第1祖となり,また下野薬師寺,筑紫観世音寺に戒壇を設けるにいたり,宗は大いに栄えた。のち次第に衰微して明治維新後は真言宗所管となったが,1900年独立した。現在,唐招提寺を総本山としている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

りっ‐しゅう【律宗】
仏教の宗派の一。戒律を守り実行することを教義とする。中国の道宣が広め、日本へは天平勝宝6年(754)に唐僧鑑真(がんじん)えた。南都六宗の一。本山唐招提寺(とうしょうだいじ)戒律宗

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

りっしゅう【律宗】
中国仏教十三宗の一つ。戒律とくに《四分律》を所依(しよえ)として開宗された。東晋時代に《十誦律》《四分律》《摩訶僧祇律(まかそうぎりつ)》などの律部経典が中国に伝訳されると,律に関する研究が盛んとなり,特に《四分律》が北魏の法聡と慧光(468‐537)によって重視され,四分律宗が成立するが,のちに三つの分派を生じた。慧光の系統をうけた唐初の道宣は,終南山に住して《四分律行事鈔》をはじめとする戒律学の5大部を著して南山律宗を開いた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

律宗
りっしゅう

仏教の宗派。中国では十三宗の一、日本では奈良時代の南都六宗の一つ。律とは毘奈耶(びなや)(サンスクリット語ビナヤvinayaの音訳)の漢訳で、比丘(びく)・比丘尼(びくに)の守るべき規範のことである。出家者の教団における規定の集成書を律蔵といい、インドから中国へ伝えられた。インド各部派の伝えた律蔵のうち4種が漢訳されたが、そのうち「四分律」によって中国で南山律宗、相部宗(そうぶしゅう)、東塔宗(とうとうしゅう)の律宗が唐代に成立した。なかでも唐初期に南山大師道宣(どうせん)の開いた南山律宗は、本来は部派仏教の四分律を大乗的に受容し、長く命脈を保った。南山律宗を受けた鑑真(がんじん)は、12年間の苦難のすえ日本に渡り、754年(天平勝宝6)東大寺に入った。そしてここに戒壇院(かいだんいん)を設けて、日本における授戒の根本道場とし、759年(天平宝字3)唐招提寺(とうしょうだいじ)を開創し、戒律研究の中心とした。日本における授戒は鑑真にまかされ、日本の律宗が発足した。また九州大宰府(だざいふ)の観世音寺(かんぜおんじ)と下野(しもつけ)(栃木県)の薬師寺にも戒壇が設けられ、正式の僧になろうとする者はこの3戒壇のいずれかで受戒の儀式を行わねばならなかった。

 百済(くだら)の仏教が戒律を重視していたこともあって、日本の仏教でも伝来当初から戒律が重視されていた。戒律の条項は、在家には五戒と六斎日(ろくさいにち)に守るべき八戒、出家には沙弥(しゃみ)・沙弥尼の十戒、学法女の六法、比丘・比丘尼の具足戒(ぐそくかい)(比丘は二百五十戒、比丘尼は三百四十八戒)の区別がある。比丘・比丘尼はそれぞれの戒律を守ることを誓う(受戒)儀式を、10人の正式な僧(辺地で5人)の立会いのもとで行うことによって初めてそれぞれの資格が認められた。鑑真以前は受戒の儀式も教えどおり行われず、私度僧(官許を得ていない僧)も増え、儀式制度の確立が必要であった。このために来日を要請されたのが鑑真で、戒壇が設立されると授戒は鑑真に任されることになった。

 日本では律宗は、仏教で重視される経・律・論のうち律を、戒・定(じょう)・慧(え)のうち戒を中心とするため戒律宗ともよばれる。平安初期、天台宗が四分律を用いず、大乗戒のみによる大乗戒壇設立を行ったこともあり、律宗は衰退したが、平安末期には戒律の復興の必要性が痛感され、中ノ川実範(じちはん)(?―1144)はその復興に着手した。覚盛(かくじょう)は「自誓受戒(じせいじゅかい)」制度の確立により唐招提寺中興の祖とされる。ほかに、泉涌寺(せんにゅうじ)開山俊芿(しゅんじょう)は入宋(にっそう)して北京律(ほっきょうりつ)を伝えた。西大寺(さいだいじ)の叡尊(えいぞん)、忍性(にんしょう)の系統は密教と結び付き、現在は真言律宗(しんごんりっしゅう)と称しており、唐招提寺系が律宗を公称する。

 律宗は寺院数28、教師数17、信者数2万3950。真言律宗は寺院数91、教師数128、信者数10万2400(『宗教年鑑』平成26年版)。

[田村晃祐]

『石田瑞麿著『日本仏教における戒律の研究』(1963・在家仏教協会)』『細川涼一著『中世の律宗寺院と民衆』(1987・吉川弘文館)』『佐藤達玄著『律宗要綱』(1994・大蔵出版)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

りっ‐しゅう【律宗】
〘名〙
① 中国仏教一三宗の一つ。唐初の道宣が四分律を所依として広めた四分律宗の系統に立つもので、日本へは奈良時代に鑑真(がんじん)が伝えた。唐招提寺(とうしょうだいじ)が総本山。〔八宗綱要(1268)〕
※太平記(14C後)八「又浄住寺と申は、戒法流布の地、律宗(リッシウ)作業の砌也」
② 堂衆の一階層。受戒・自恣の勤修にかかわる。
※東大寺続要録(1281‐1300頃)諸会篇「勾当〈各法眼平袈裟〉中臈〈鈍色五帖〉方広衆〈附衣五帖〉 禅衆四人大〈法眼平袈裟〉律宗〈鈍色五帖〉」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

律宗
りっしゅう
南都六宗の一つ
戒律を重んじた学派。唐僧鑑真 (がんじん) が754年に来日して東大寺に戒壇院を建て,さらに唐招提寺を創建して本格的に確立した。平安時代には密教の流行でふるわず,鎌倉時代に俊芿 (しゆんじよう) ・叡尊 (えいそん) らが出て復興につとめた。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

律宗」の用語解説はコトバンクが提供しています。

律宗の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation