@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

後二条天皇【ごにじょうてんのう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

後二条天皇
ごにじょうてんのう
[生]弘安8(1285).2.2. 京都
[没]延慶1(1308).8.25. 京都
第 94代の天皇 (在位 1301~08) 。名は邦治。後宇多天皇の第1皇子。母は西華門院源基子 (内大臣源具守の娘) 。正安3 (01) 年践祚,次いで即位。伏見,後伏見と持明院統の天皇が2代続いたため,後宇多上皇の意を受けた執権北条貞時の調停によって皇位についた。歌集に『後二条院御集』などがある。陵墓は京都市左京区白川追分町の北白河陵。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ごにじょう‐てんのう〔ゴニデウテンワウ〕【後二条天皇】
[1285~1308]第94代天皇。在位、1301~1308。後宇多天皇の第1皇子。名は邦治。伏見後伏見両天皇と持明院統が続いて、大覚寺統の後宇多上皇の抗議により、即位。歌集に「後二条院御集」。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

後二条天皇 ごにじょうてんのう
1285-1308 鎌倉時代,第94代天皇。在位1301-08。
弘安(こうあん)8年2月2日生まれ。後宇多天皇の第1皇子。母は源基子(きし)(西華門院)。持明院統の天皇が伏見・後伏見と2代つづいたあと即位した大覚寺統の天皇。父が院政をしく。この時期,両統の対立はいよいよ激化,大覚寺統内も二分,三分する混乱のなか,徳治(とくじ)3年8月25日急死した。24歳。墓所は北白河陵(きたしらかわのみささぎ)(京都市左京区)。諱(いみな)は邦治(くにはる)。歌集に「後二条院御集」など。
格言など】人としていかでか世にもありふべき五(いつつ)の常のみちはなれては(「後二条院御百首」)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版

ごにじょうてんのう【後二条天皇】
1285~1308 第九四代天皇(在位1301~1308)。名は邦治。後宇多天皇の皇子。伏見・後伏見天皇と、持明院統の二代が続いたのち、大覚寺統として即位。初め五人の上皇がいて、後宇多上皇が院政を行なった。歌集「後二条院御集」など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

後二条天皇
ごにじょうてんのう
(1285―1308)
第94代天皇(在位1301~08)。名は邦治(くにはる)。後宇多(ごうだ)天皇の第1皇子。母は西華門院源基子(もとこ)(父堀河具守(とももり))。1298年(永仁6)立太子。92代伏見(ふしみ)、93代後伏見天皇と持明院(じみょういん)統側が2代続いて皇位についたので、大覚寺(だいかくじ)統の後宇多上皇は鎌倉幕府を責めて、両統迭立(てつりつ)の法をたてさせた。その結果、1301年(正安3)1月践祚(せんそ)、3月即位した。治世中は父上皇が院政を行い、東宮には持明院統の富仁(とみひと)親王(花園(はなぞの)天皇)が立った。陵墓は京都市左京区北白川の北白河陵。歌集『後二条院御集』『後二条院御百首』などがある。[小野信二]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

後二条天皇 (ごにじょうてんのう)
生年月日:1285年2月2日
鎌倉時代後期の第94代の天皇
1308年没

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ごにじょう‐てんのう ゴニデウテンワウ【後二条天皇】
第九四代天皇。後宇多天皇の第一皇子。母は西華門院源基子。名は邦治(くにはる)。正安三年(一三〇一)即位。後宇多天皇の後、伏見・後伏見の持明院統の天皇が二代続いたので、大覚寺統の後宇多天皇の抗議により、執権北条貞時の斡旋で両統迭立(てつりつ)の協定が成ったもの。在位八年。歌集「後二条院御集」などがある。弘安八~徳治三年(一二八五‐一三〇八

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

後二条天皇」の用語解説はコトバンクが提供しています。

後二条天皇の関連情報

関連キーワード

武藤景泰少弐景資安達泰盛ホノリウス4世ポプラ社小説大賞西松屋チェーン安達泰盛アダンドラアルオッカム

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation