@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

後伏見天皇【ごふしみてんのう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

後伏見天皇
ごふしみてんのう
[生]正応1(1288).3.3. 京都
[没]延元1=建武3(1336).4.6. 京都
第 93代の天皇 (在位 1298~1301) 。名は胤仁。伏見天皇の第1皇子。生母は准三宮藤原経子 (参議藤原経氏の娘) 。養母は永福門院藤原しょう子 (西園寺実兼の娘) 。永仁6 (1298) 年践祚,次いで即位。伏見上皇が院政をとった。執権北条貞時が両統迭立策をとったため,正安3 (1301) 年大覚寺統の後二条天皇皇位を譲った。元弘3=正慶1 (33) 年出家,法名を理覚と号し,のち行覚と改めた。『後伏見天皇宸記』その他がある。陵墓は京都市伏見区深草坊町の深草北陵。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ごふしみ‐てんのう〔‐テンワウ〕【後伏見天皇】
[1288~1336]第93代天皇。在位、1298~1301。伏見天皇の第1皇子。名は胤仁(たねひと)。足利尊氏(あしかがたかうじ)六波羅攻略のとき、花園上皇光厳天皇らと東国へ逃れようとしたが捕らえられ、帰京後出家した。歌集「後伏見院御集」、日記「後伏見院宸記」がある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

後伏見天皇 ごふしみてんのう
1288-1336 鎌倉時代,第93代天皇。在位1298-1301。
弘安(こうあん)11年3月3日生まれ。伏見天皇の第1皇子。母は藤原経子(けいし)。父の譲位をうけて即位。持明院統。2年半で大覚寺統の後二条天皇に位をゆずる。異母弟の花園天皇と子の北朝第1代光厳(こうごん)天皇のとき院政をおこなう。鎌倉幕府がたおれたのちの,建武(けんむ)3=延元元年4月6日死去。49歳。墓所は深草北陵(ふかくさのきたのみささぎ)(京都市伏見区)。諱(いみな)は胤仁(たねひと)。法名は理覚,行覚。別名に持明院殿。歌集に「後伏見院御集」,日記に「後伏見院宸記(しんき)」。
【格言など】夕山やふもとの檜原色さめて残る日影ぞみねにすくなき(「風雅和歌集」)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

ごふしみてんのう【後伏見天皇】
1288‐1336(正応1‐延元1∥建武3)
第93代に数えられる天皇。在位1298‐1301年。伏見天皇第1皇子。名は胤仁。母は五辻経氏の娘。永福門院藤原子は養母。在位中は父上皇の院政の下にあった。持明院・大覚寺両統による皇位争いの中で,皇子量仁親王(光厳天皇)が後醍醐天皇の皇太子になると,その践祚に意をそそいだ。元弘の乱後,出家してまもなく没した。父天皇とともに能書家として知られ,歌集《後伏見院御集》,日記《後伏見院宸記》がある。陵所は京都市伏見区深草坊町にある(深草北陵)。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

後伏見天皇
ごふしみてんのう
(1288―1336)

第93代天皇(在位1298~1301)名は胤仁(たねひと)。法名理覚、のちに行覚。常盤井(ときわい)殿と称された。伏見天皇の第1皇子。実母は五辻経氏(いつつじつねうじ)の女(むすめ)経子。養母は西園寺実兼(さいおんじさねかね)の女(むすめ)永福門院鏱子(しょうし)。父帝の譲を受けて位についたが、その在位中に持明院(じみょういん)、大覚寺(だいかくじ)両統の間に迭立(てつりつ)による皇位継承の協定が成立し、わずか3年で退位した。のち花園(はなぞの)天皇および光厳(こうごん)天皇の代になり、院政をとった。元弘(げんこう)の変に際会し、東国に向かう途中敗れて帰京し、出家した。後伏見天皇は父伏見天皇また兄弟の花園天皇や尊円(そんえん)親王に似て名筆家として著名。延元(えんげん)元年4月6日没。京都の深草北陵に葬る。同天皇には日記が二十数巻あった由であるが、今日伝存するものはその一部と考えられる断簡にすぎない。『後伏見院御集』と称する107首を収める歌集が伝存する。

[村田正志]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

後伏見天皇 (ごふしみてんのう)
生年月日:1288年3月3日
鎌倉時代後期の第93代の天皇
1336年没

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ごふしみ‐てんのう ‥テンワウ【後伏見天皇】
第九三代天皇。伏見天皇の皇子。母は藤原経子。名は胤仁(たねひと)。永仁六年(一二九八)即位。在位四年。後二条天皇に譲位。元弘三年(一三三三)出家。歌集「後伏見院御集」、日記「後伏見院宸記(しんき)」がある。法名理覚。正応元~建武三=延元元年(一二八八‐一三三六

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

後伏見天皇」の用語解説はコトバンクが提供しています。

後伏見天皇の関連情報

関連キーワード

正応サリンベーネバール・ソーマ弘安後醍醐天皇正応塵袋デリー

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation