@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

後光【ゴコウ】

デジタル大辞泉

ご‐こう〔‐クワウ〕【後光】
仏・菩薩(ぼさつ)のからだから発するという光。また、仏像の後ろに表した金色の光。光背。背光。「後光が差す」
(「御光」とも書く)高山水田で、が出ているとき、光源陰影のまわりに円形に見えるブロッケン現象は有名。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ごこう【後光】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ごこう【後光】
仏や菩薩の背中から放射するといわれる神秘的な光。仏像などにみられる光背こうはいは、これをかたどったもの。 -がさす
御光ごこうに同じ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ご‐こう ‥クヮウ【後光】
〘名〙
① 仏のからだから放たれているといわれる光。また、それをかたどった仏・菩薩の像の背部の光相、すなわち光背をいう。〔日葡辞書(1603‐04)〕
※良人の自白(1904‐06)〈木下尚江〉後「お胸の奥に神様の御光(ゴクヮウ)が映(さ)して」
② 遊女などの笄(こうがい)、簪(かんざし)などをたとえていう語。
※雑俳・柳多留‐一〇七(1829)「北国の阿彌陀後光を質に置」
③ 光源や陰影のまわりに、円形または放射状に見える光。
(イ) 観察者の影が直前の霧や水面にうつし出されたとき、その影を中心として光った環の見られる現象。仏の御光(ブロッケン現象)が有名で、これは光源と反対側の微小水滴の回折による。
(ロ) 一般に光線が放射状にひろがって見える現象。
[補注]「御光」と書かれることも多い。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

後光
ごこう
光背」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

後光」の用語解説はコトバンクが提供しています。

後光の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation