@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

後土御門天皇【ごつちみかどてんのう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

後土御門天皇
ごつちみかどてんのう
[生]嘉吉2(1442).5.25. 京都
[没]明応9(1500).9.28. 京都
第 103代の天皇 (在位 1464~1500) 。名は成仁 (ふさひと) 。後花園天皇の第1皇子。母は嘉楽門院信子 (藤原孝長の娘) 。寛正5 (1464) 年践祚,翌年即位。在位中に応仁の乱が起った。歌集に『紅塵灰集』がある。陵墓は京都市伏見区深草坊町の深草北陵。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ごつちみかど‐てんのう〔‐テンワウ〕【後土御門天皇】
[1442~1500]第103代天皇。在位1464~1500。後花園天皇の第1皇子。名は成仁(ふさひと)。在位中に応仁の乱が起こった。歌集「紅塵灰集」がある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

後土御門天皇 ごつちみかどてんのう
1442-1500 室町-戦国時代,第103代天皇。在位1464-1500。
嘉吉(かきつ)2年5月25日生まれ。後花園天皇の第1皇子。母は藤原信子(嘉楽門院)。父の譲位をうけて即位。その3年後におきた応仁(おうにん)の乱で,京の都は戦火にあれ,社会不安は地方にまでおよんだ。幕府の権威はおとろえ,財政は窮迫して朝儀もままならず,何度も譲位をかんがえたという。明応9年9月28日死去。59歳。墓所は深草北陵(ふかくさのきたのみささぎ)(京都市伏見区)。諱(いみな)は成仁(ふさひと)。法名は正等観。歌集に「紅塵灰集」など。
格言など】ともすれば道にまよへる位山うへなる身こそくるしかりけれ(「後土御門院御集拾遺」)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

ごつちみかどてんのう【後土御門天皇】
1442‐1500(嘉吉2‐明応9)
第103代に数えられる天皇。在位1465‐1500年。後花園天皇の第1皇子,名は成仁(ふさひと)。1464年(寛正5)践祚。在位の間に応仁・文明の大乱が起こり,いわゆる皇室式微の時代を迎えた。戦禍と財政迫のため,皇居も転々とし,朝儀も途絶えがちとなったが,天皇は朝儀の維持存続を心がけ,有職故実の研究や儀式の習礼を廷臣に奨励した。また和歌,連歌に長じ,《紅塵灰集》《いその玉藻》などの歌集がある。【武部 敏夫】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

後土御門天皇
ごつちみかどてんのう
(1442―1500)

第103代天皇(在位1464~1500)。名は成仁(ふさひと)。法名正等観。後花園(ごはなぞの)天皇の子。母は藤原孝長の女(むすめ)で、内大臣大炊御門(おおいみかど)信宗の猶子(ゆうし)になった嘉楽(からく)門院信子。父天皇の譲を受けて位につき、応仁(おうにん)の乱に際会してつぶさに苦難をなめ、明応(めいおう)9年9月28日崩御。そのとき費用がなく葬儀を行うことができず、内裏(だいり)黒戸に遺骸(いがい)を置くこと40余日、11月11日ようやくにしてこれを執り行うをえた。同天皇には歌集が種々存したことが諸書にみえるが、今日に伝存するものとしては、『紅塵灰集(こうじんかいしゅう)』と称する1巻、『百日和歌詠草』の1巻が著聞する。京都の深草北陵に葬る。

[村田正志]

『列聖全集編纂会編・刊『御撰集』第1巻(『列聖全集 13』1915)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

後土御門天皇 (ごつちみかどてんのう)
生年月日:1442年5月25日
室町時代;戦国時代の第103代の天皇
1500年

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ごつちみかど‐てんのう ‥テンワウ【後土御門天皇】
第一〇三代天皇。後花園天皇の第一皇子。母は嘉楽門院信子。名は成仁(ふさひと)。寛正五年(一四六四)践祚(せんそ)し、翌年即位。在位中に応仁の乱が起こり、朝廷の儀礼、祭事は衰微した。在位三七年。和歌を好み、歌集に「紅塵灰集」がある。嘉吉二~明応九年(一四四二‐一五〇〇

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

後土御門天皇」の用語解説はコトバンクが提供しています。

後土御門天皇の関連情報

関連キーワード

足利義勝細川持之崇禅寺畠山政長本泉寺板取川ウィンタートゥール岩船寺サンタ・クローチェ教会

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation