@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

後山【うしろやま】

日本大百科全書(ニッポニカ)

後山(岡山・兵庫県境)
うしろやま
岡山県美作(みまさか)市後山と兵庫県宍粟(しそう)市との境界にある山。標高1344メートルで、岡山県の最高峰。修験道(しゅげんどう)の霊山で、いまも女人禁制。山麓(さんろく)の道仙寺が管理している。麓(ふもと)の緩斜面は1938年(昭和13)から開墾され、ダイコン栽培が盛ん。後山青少年旅行村、キャンプ場などがあり、氷ノ山後山(ひょうのせんうしろやま)那岐山(なぎさん)国定公園の一部。[由比浜省吾]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

後山」の用語解説はコトバンクが提供しています。

後山の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation