@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

後桜町天皇【ごさくらまちてんのう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

後桜町天皇
ごさくらまちてんのう
[生]元文5(1740).8.3. 京都
[没]文化10(1813).閏11.2/3. 京都
第 117代の天皇 (在位 1762~70) 。女帝。名は智子 (としこ) ,幼称は以茶宮 (いさのみや) ,のち緋宮 (あけのみや) 。桜町天皇の第2皇女。母は尊称皇太后青綺門院藤原舎子 (いえこ) 。桃園天皇崩御後,皇嗣幼少のため宝暦 12 (62) 年践祚,翌年即位。陵墓は京都市東山区今熊野の月輪陵

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ごさくらまち‐てんのう〔‐テンワウ〕【後桜町天皇】
[1740~1813]第117代天皇。女帝在位1762~1771。桜町天皇の第2皇女。名は智子(としこ)。和歌を好み、御製千数百首があり、他に日記41冊、「禁中年中の事」などを著した。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

後桜町天皇 ごさくらまちてんのう
1740-1813 江戸時代中期,第117代天皇。在位1762-71*。
元文5年8月3日生まれ。桜町天皇の第2皇女。母は藤原舎子(いえこ)(青綺門院)。桃園天皇の異母姉。桃園天皇の死後,皇嗣英仁(ひでひと)親王(のちの後桃園天皇)が幼少だったため皇位をついだ。最後の女帝。在位中,幕府による尊王家弾圧の明和事件がおきた。譲位後は後桃園・光格の2天皇を訓育。和歌や漢学をこのんだ。文化10年閏(うるう)11月2日死去。74歳。墓所は月輪陵(つきのわのみささぎ)(京都市東山区)。幼称は以茶(いさの)宮,緋(あけの)宮。諱(いみな)は智子(としこ)。著作に「禁中年中の事」「後桜町院宸記(しんき)」など。
格言など】やはらぐる春たつ今日に吹く風は民の草葉にまづおよぶらし(内裏和歌御会)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

ごさくらまちてんのう【後桜町天皇】
1740‐1813(元文5‐文化10)
第117代に数えられる天皇。在位1762‐70年。桜町天皇の第2皇女。名は智子(としこ)。1762年(宝暦12)桃園天皇死去の際,後嗣英仁親王(後桃園天皇)が幼少なため代わって践祚,70年(明和7)同親王に譲位。最後の女帝である。後桃園,光格両天皇の年少時その輔導につとめ,また漢学を好み,和歌にもたんのうで千数百首が伝えられる。なお宝暦~安永年間の日記41冊が伝存する。陵墓は京都月輪陵。【武部 敏夫】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

後桜町天皇
ごさくらまちてんのう
(1740―1813)

第117代天皇(在位1762~70)。日本最後の女帝。名は智子(としこ)。幼称は以茶宮(いさのみや)、のち緋宮(あけのみや)。桜町天皇の第2皇女。母は皇太后舎子(いえこ)(青綺門院(せいきもんいん))。元文(げんぶん)5年8月3日降誕。1762年(宝暦12)桃園(ももぞの)天皇没後、皇嗣(こうし)幼少のため7月27日践祚(せんそ)、翌年11月27日即位。70年(明和7)11月後桃園(ごももぞの)天皇に譲位。文化10年閏(うるう)11月2日崩御。京都・泉涌寺(せんにゅうじ)月輪(つきのわ)陵に葬る。日記41冊、『禁中年中の事』の著書がある。

[高木昭作]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

後桜町天皇 (ごさくらまちてんのう)
生年月日:1740年8月3日
江戸時代中期;後期の第117代の天皇
1813年

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ごさくらまち‐てんのう ‥テンワウ【後桜町天皇】
第一一七代天皇。桜町天皇の第二皇女。母は青綺門院舎子。名は智子(としこ)。幼称以茶宮(いさのみや)、のち緋宮(あけのみや)。宝暦一二年(一七六二)践祚(せんそ)。在位九年。皇位を継ぐべき後桃園天皇がまだ幼少であったので、明正天皇の故事にならって践祚したもの。元文五~文化一〇年(一七四〇‐一八一三

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

後桜町天皇」の用語解説はコトバンクが提供しています。

後桜町天皇の関連情報

関連キーワード

フリードリヒ(2世)(プロイセン国王)ビバルディマリア・テレジア市川団蔵マリア・テレジアイワン6世シュレジエン戦争セルゲルマリア・テレジアロビンズ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation