@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

後深草天皇【ごふかくさてんのう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

後深草天皇
ごふかくさてんのう
[生]寛元1(1243).6.10. 京都
[没]嘉元2(1304).7.16. 京都
第 89代の天皇 (在位 1246~59) 。名は久仁,法名素実,常盤井殿,また富小路殿と称する。後嵯峨天皇の第2皇子。母は中宮大宮院藤原きっ子 (太政大臣西園寺実氏の娘) 。寛元4 (46) 年践祚,次いで即位。父帝後嵯峨上皇が院政を行なった。正元1 (59) 年,皇太弟亀山天皇 (大覚寺統 ) に譲位したが,「後深草には御領を授けて皇位を断たせ,亀山の統が皇位を継承すべきこと」として後嵯峨上皇は後宇多天皇 (亀山帝の皇子) に皇位を継がせた。しかし時の執権北条時宗によって後深草天皇の皇子煕仁 (伏見天皇) が後宇多天皇の儲君と定められて位につき,さらにその皇子胤仁 (後伏見天皇) が跡を継ぐにいたり,後深草,亀山両上皇の地位はまったく逆転した。日記に『後深草院宸記』 (『水草宸記』ともいう。現存するのは 10巻) がある。陵墓は京都市伏見区深草坊町の深草北陵。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ごふかくさ‐てんのう〔‐テンワウ〕【後深草天皇】
[1243~1304]第89代天皇。在位、1246~1260。後嵯峨天皇の第3皇子。名は久仁。父の後嵯峨上皇が院政を執り、その命によって弟の亀山天皇に譲位。のち、後深草系の持明院統と亀山系の大覚寺統皇位継承で対立した。日記「後深草院宸記」がある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

後深草天皇 ごふかくさてんのう
1243-1304 鎌倉時代,第89代天皇。在位1246-60*。
寛元元年6月10日生まれ。後嵯峨(ごさが)天皇の第3皇子。母は藤原姞子(きっし)(大宮院)。持明院統最初の天皇。父の譲位をうけて4歳で即位。父が院政をおこなう。父の意向により17歳で同母弟の亀山(かめやま)天皇(大覚寺統)に譲位。28年後の弘安(こうあん)10年子の煕仁(ひろひと)親王が伏見天皇(第92代)となって院政をしいた。嘉元(かげん)2年7月16日死去。62歳。墓所は深草北陵(ふかくさのきたのみささぎ)(京都市伏見区)。諱(いみな)は久仁(ひさひと)。法名は素実。日記に「後深草院宸記(しんき)」。
格言など】栄ゆべきほどぞ久しき伏見山おひそふ松の枝をつらねて(「増鏡」)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

ごふかくさてんのう【後深草天皇】
1243‐1304(寛元1‐嘉元2)
第89代に数えられる天皇。在位1246‐59年。後嵯峨天皇の第2皇子,名は久仁。在位中は父上皇の院政で,1259年(正元1)上皇の命で弟亀山天皇に譲位し,以後皇統が亀山天皇の大覚寺統に相伝されそうになると,鎌倉幕府の斡旋で皇子伏見天皇の践祚を実現,みずからは院政をしいた。以後この皇統は持明院統とよばれ,両統迭立の基となった。陵所は京都市伏見区深草坊町にある(深草北陵)。両統迭立【飯倉 晴武】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ごふかくさてんのう【後深草天皇】
1243~1304 第八九代天皇(在位1246~1259)。名は久仁。父後嵯峨天皇が弟亀山天皇(第九〇代)を愛したため院政を開けず、長く不遇をかこっていたが1287年、子の伏見天皇が即位し、初めて院政をとった。譲位後持明院に入ったことから、その皇統を持明院統という。日記「後深草院宸記しんき」がある。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

後深草天皇
ごふかくさてんのう
(1243―1304)
第89代天皇(在位1246~59)。名は久仁(ひさひと)。法名素実(そじつ)。常盤井(ときわい)殿また富小路院(とみのこうじいん)殿と称した。後嵯峨(ごさが)天皇の皇子。母は西園寺実氏(さいおんじさねうじ)の女(むすめ)大宮院(おおみやいんきっし)。父天皇の譲を受け位についたが、父の命により1259年(正元1)位を弟亀山(かめやま)天皇に譲った。その後、子伏見(ふしみ)天皇、孫後伏見(ごふしみ)天皇の代に院政をとり、90年(正応3)出家し、嘉元(かげん)2年7月16日没。京都の深草北陵に葬る。後深草天皇は持明院(じみょういん)統の祖であり、北朝皇統の祖にもあたる。持明院、大覚寺(だいかくじ)両統の対立が激化した伏見天皇の代、浅原為頼(あさはらためより)の伏見天皇殺害未遂事件があった。後深草天皇は、33年間にわたり100巻に余る日記を記したと伝えられており、これを『水旱宸記(すいかんしんき)』とも称したが、今日ではそのほとんどが失われ、わずか10巻だけが伝存する。[村田正志]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

後深草天皇 (ごふかくさてんのう)
生年月日:1243年6月10日
鎌倉時代後期の第89代の天皇
1304年

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ごふかくさ‐てんのう ‥テンワウ【後深草天皇】
第八九代天皇。後嵯峨天皇の皇子。母は大宮院姞子。名は久仁。寛元四年(一二四六)即位。在位一三年。父の意向によってやむなく弟亀山天皇に譲位し、やがて伏見天皇が即位すると院政を執った。その皇統を持明院統という。日記「後深草院宸記(しんき)」がある。法名素実。寛元元~嘉元二年(一二四三‐一三〇四

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

後深草天皇
ごふかくさてんのう
1243〜1304
鎌倉時代の天皇(在位1246〜59)
後嵯峨天皇の皇子。在位中,後嵯峨上皇が院政をとり,1259年上皇の命により弟亀山天皇に譲位して持明院を御所とした。'87年皇子伏見天皇が即位すると院政(1287〜90)をとり,両統迭立 (てつりつ) の基を開き,持明院統のとなる。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

後深草天皇」の用語解説はコトバンクが提供しています。

後深草天皇の関連情報

関連キーワード

寛元インノケンチウス4世ネマニッチ朝ハイアール(海爾集団)ステップファミリーインノケンティウス寛元キプチャクハン国白神山地

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation