@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

後藤象二郎【ごとうしょうじろう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

後藤象二郎
ごとうしょうじろう
[生]天保9(1838).3.19. 土佐
[没]1897.8.4. 東京
政治家。明治維新における徳川慶喜の大政奉還,自由民権運動末期の大同団結運動に大きな役割を果した。 1889~92年逓信大臣,92~94年農商務大臣をつとめた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

後藤象二郎
土佐政の最高責任者・参政を務めた。1867(慶応3)年1月、脱藩者の坂本龍馬と長崎の清風亭で会談したことが、土佐藩が大政奉還に向けて動き出す契機となった。龍馬は姉の乙女らへの手紙後藤について「実ニ同ニて人のたましいも志も、土佐国中で外ニハあるまいと存候(ぞんじそうろう)」と評している。
(2010-10-30 朝日新聞 朝刊 2社会)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉

ごとう‐しょうじろう〔‐シヤウジラウ〕【後藤象二郎】
[1838~1897]政治家。土佐の人。公武合体大政奉還運動に活躍。明治維新後は新政府に仕えたが、征韓論に敗れて下野板垣退助らとともに愛国公党を組織し、民撰議院設立建白書提出参画。のち、大同団結運動を提唱した。逓信相・農商務相を歴任

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

後藤象二郎 ごとう-しょうじろう
1838-1897 幕末-明治時代の武士,政治家。
天保(てんぽう)9年3月19日生まれ。土佐高知藩士。前藩主山内豊信(とよしげ)を説得し,大政奉還の建白書幕府に提出。新政府の参議などを歴任するが,明治6年征韓論争に敗れて辞任。14年板垣退助らと自由党を結成。反政府大同団結運動をおこなうが,のち政府に協力し,逓信相,農商務相などをつとめた。伯爵。明治30年8月4日死去。60歳。幼名は保弥太。通称は良輔。号は暘谷。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

ごとうしょうじろう【後藤象二郎】
1838‐97(天保9‐明治30)
幕末・維新期および明治期の政治家。土佐藩士で馬廻(うままわり)格。父は助右衛門。良輔のち象二郎。義叔父の吉田東洋の推挙で登用されたが,東洋暗殺後は逆境にあった。藩論一変後の1864年(元治1)に大監察となり,藩主山内豊信(とよしげ)(容堂)の信任をえて土佐勤王党を断罪,66年(慶応2)には参政として開成館事業を運営し,長崎,上海に赴くなどして藩の〈富国強兵〉につとめた。坂本竜馬と相知り,幕府の第2次征長失敗後,竜馬の大政奉還策を将軍徳川慶喜によって現実化することにつとめた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ごとうしょうじろう【後藤象二郎】
1838~1897 政治家。土佐藩の出身。山内容堂に大政奉還の建白をさせた。維新後、参与・参議。征韓論により下野。自由民権運動に参加して、自由党結成に参加。解党後、大同団結運動を展開。逓相・農商務相を歴任。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

後藤象二郎
ごとうしょうじろう
(1838―1897)
明治期の政治家。天保(てんぽう)9年3月19日、土佐国片町(高知市与力(よりき)町)に生まれる。父は土佐藩士後藤助右衛門、母は大塚氏。家格は馬廻(うままわり)320石。幼名保弥太(やすやた)、のちに良輔(りょうすけ)、さらに象二郎。号は暘谷(ようこく)。1863年(文久3)江戸に出て開成所に学ぶ。1865年(慶応1)大監察となり武市瑞山(たけちずいざん)らを裁く。1867年の土佐藩の大政返上建白運動を主導し、家老に昇進。1871年(明治4)左院議長。1873年参議。同年征韓論に敗れて辞任。翌年民撰(みんせん)議院設立建白書に署名、高島炭坑の経営に着手。1875年元老院副議長。1881年結成の自由党常議員。翌年井上馨(いのうえかおる)らとの密議により三井家から旅費を引き出し、板垣退助(いたがきたいすけ)と外遊。1887年5月9日伯爵。同年夏から政府の条約改正に反対する運動が台頭するや大同団結運動を唱導したが、1889年3月に運動を放棄して黒田清隆(くろだきよたか)内閣の逓信(ていしん)大臣に就任。1891年1月の第1回帝国議会が予算案をめぐって政府と民党が激突したとき、民党の切り崩しを画策し成功。第5回帝国議会において、経済界との癒着、官紀紊乱(びんらん)の攻撃を受け、1894年1月22日第二次伊藤博文(いとうひろぶみ)内閣の農商務大臣を辞任し、政治生命は終わった。明治30年8月4日病死。正二位勲一等、旭日大綬章(きょくじつだいじゅしょう)。墓は東京青山。[外崎光廣]
『大町桂月著『伯爵後藤象二郎』(1914・冨山房) ▽大橋昭夫著『後藤象二郎と近代日本』(1993・三一書房)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ごとう‐しょうじろう【後藤象二郎】
政治家。伯爵。土佐藩(高知県)出身。号は暘谷(ようこく)。藩主山内豊信に大政奉還の建白をすすめ、新政府の参議となる。明治六年(一八七三)の政変で辞職し、民撰議院設立建白書に参加。板垣退助と自由党を結成し、大同団結運動を指導する。のち逓相・農商務相を歴任。天保九~明治三〇年(一八三八‐九七

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

後藤象二郎
ごとうしょうじろう
1838〜97
明治時代の政治家
土佐藩出身。坂本竜馬の影響をうけて列侯会議論を唱え,徳川慶喜 (よしのぶ) の大政奉還に重要な役割を演じた。1873年征韓論に敗れて下野,翌'74年板垣退助らと民撰議院設立を建白。'81年自由党の結成に加わり,翌年政府の懐柔により板垣と外遊,世間批判をうけた。'87年大同団結運動をおこしたが,政府と妥協し黒田清隆内閣の逓相('89年)となり,運動の分裂を招いた。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

後藤象二郎」の用語解説はコトバンクが提供しています。

後藤象二郎の関連情報

関連キーワード

桜田門外の変/参加者一覧シューマンニコライレールモントフグラバージェーンズスタウトデーニッツデービスパーマー

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation