@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

後見人【こうけんにん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

後見人
こうけんにん
guardian
後見の事務を行なう。(1) 未成年者については,親権者であった者により遺言で指定された者が未成年後見人になる(民法839)。この者がいないときは,家庭裁判所が未成年者またはその親族,その他の利害関係人の請求によって,未成年後見人を選任する(840条1項)。未成年後見人がある場合でも,家庭裁判所が必要があると認めるときは,さらに未成年後見人を選任することができる(840条2項)。(2) 成年後見(→成年後見制度)においては,かつては成年被後見人の配偶者が後見人になるとされていた(1999改正前民法840)。しかし,その配偶者も高齢で,後見人としての職務遂行が困難である場合が多かった。そのため今日では,家庭裁判所が後見開始の審判をするときに,職権で成年後見人を選任する(民法843条1項)。成年後見人も,複数人となることがある(843条3項)。後見人は,未成年者または成年被後見人のため,被後見人の財産を管理し,その財産に関する法律行為について被後見人を代表する(859条)。そのほか,成年被後見人の後見人には,療養看護の義務がある(858条)。(3) 任意後見制度においては,家庭裁判所によって任意後見監督人(→後見監督人)が選任されたときから,任意後見人の職務が開始される(任意後見契約に関する法律2条4号)。任意後見人は,本人の意思を尊重し,かつ,その心身の状態および生活の状況に配慮しなければならない(6条)。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

こうけん‐にん【後見人】
法律上、親権者のない未成年者成年被後見人財産管理身上監護などを行う人。未成年者の場合は、最後親権を行う者が遺言で指定し、指定がなければ家庭裁判所が選任する。→成年後見人
一般に、ある人の背後にいて、その補佐世話をする人。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こうけんにん【後見人】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

後見人
こうけんにん

未成年者(管理権をもつ親権者がいない場合)、成年被後見人、被保佐人、被補助人、任意後見契約における委任者の保護のために付される者をいう。それぞれ未成年後見人、成年後見人、保佐人、補助人、任意後見人とよばれる。

[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こうけん‐にん【後見人】
〘名〙
① 後見をする人。ある人の背後にいて、その世話をし助ける人。〔日葡辞書(1603‐04)〕
② 後見(一)⑧の事務を、直接行なう者。未成年者の場合には親権者が遺言で指定した者、成年被後見人の場合には家庭裁判所の選任による。
※仏国政典(1873)〈大井憲太郎訳〉三「故に後見人幼者に属したる動産を売るに付ては」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

後見人」の用語解説はコトバンクが提供しています。

後見人の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation