@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

徒刑【とけい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

徒刑
とけい
tu-xing
旧中国の強制労働。中国では (前2世紀) 以来,強制労働刑が刑罰体系の主要部分を構成するようになっていた。とは元来は服役者を意味する言葉であったが,やがて刑罰そのものの名となった。唐律およびそれにならった日本の大宝,養老のでは刑罰を,徒,流,死の5種とし, (ず) は3番目におかれている。もっとも徒刑と呼ばれるものの実態については,時代による変遷があった。たとえば,清代においては,徒刑とは,もはや強制労働の実質を有せず,ただ一定年数家郷から離れたある地を指定されて,そこで流謫 (るたく) の生活をおくること,すなわち,有期の流謫刑となっていた。近代的な刑務所の制度と懲役刑が中国に導入されたのは清末以降のことであるが,それに伴って,現代中国では,日本語の懲役に相当するものを,徒刑と呼んでいる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

と‐けい【徒刑】
旧刑法で、重罪人に科した刑。男は島に送り、女は内地労役に就かせたもの。有期と無期があった。
徒(ず)」に同じ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ず‐けい〔ヅ‐〕【徒刑】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

とけい【徒刑】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

ず‐けい ヅ‥【徒刑】
※古事類苑(1879‐1907)法律三「徒刑の人は、畿内は京師に送り、課役を免し私粮を食せしめ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

と‐けい【徒刑】
〘名〙
① 律で、五刑(笞・杖・徒・流・死)の一つ。身柄を刑期の間拘束し、労役に服させて罪をつぐなわせる。ずけい。
② 旧刑法で、重罪に科した刑の名。男は島におくり、女は内地で労役につかせた。無期徒刑と有期徒刑とがあった。
③ 懲役。
※公議所日誌‐一五上・明治二年(1869)五月「先づ魁長を梟首し、其余は徒刑に命じ、遠竄し」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

徒刑」の用語解説はコトバンクが提供しています。

徒刑の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation