@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

徒弟【トテイ】

デジタル大辞泉

と‐てい【徒弟】
親方の家に住みこんで商工業の技術を見習う少年。丁稚(でっち)。小僧。
門人弟子

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

とてい【徒弟】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

とてい【徒弟】
商工業者の家に年季奉公する者。丁稚でつち。小僧。
芸道などの門人・弟子。門弟。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

と‐てい【徒弟】
〘名〙
① 弟子。門人。
※三国伝記(1407‐46頃か)一「周の敬王の世に閔子騫と云者あり、孔子の徒弟也」
※読本・雨月物語(1776)青頭巾「又活てあるときは我ために一個(ひとり)の徒弟(トテイ)なり」 〔釈氏要覧‐師資篇〕
② 幼年から親方の家に住みこんで、職業に必要な知識・技能を習得する年季奉公の少年。丁稚(でっち)。小僧。
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉一「少年の時は倫敦の裁縫匠の徒弟なりしなり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

徒弟
とてい
apprentice
中世の手工業において,職人になるため親方のもとに弟子入りした年季奉公人の呼び名
職種・時代などによって長短(4〜10年)があるが,契約により親方の家に住み込み,技術の習得とともに家事などの雑用も手伝った。徒弟期間を修了した者は職人となり,他の親方の下で賃金を得るのが一般的であった。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

徒弟
とてい
江戸時代以降,手工業者のもとで技術修得を目的として奉公した者
丁稚 (でつち) ・小僧・弟子などともいう。7〜10年の年季奉公中は親方の家に住み,無報酬で親方の仕事の補助や家庭の雑務に従い,技術を修得した。年季あけには独立した職人となった。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

徒弟」の用語解説はコトバンクが提供しています。

徒弟の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation