@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

御伽【オトギ】

デジタル大辞泉

お‐とぎ【×伽】
《貴人・敬うべき人のための「とぎ」の
夜のつれづれを慰めるために話し相手となること。また、その人。「若君のお伽をする」
寝所に侍ること。また、その人。侍妾。
御伽話」の。「お伽の国」
御伽小姓(こしょう)」の略。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

お‐とぎ【御伽】
〘名〙 (「お」は接頭語)
① 貴人などが退屈の時、そばに仕えて話相手になること。また、その者。→御伽衆
※九冊本宝物集(1179頃)六「我、御とぎつかまつるべし」
② 夜、寝室で、添い寝をすること。また、その人。侍妾。
※歌謡・隆達節歌謡(1593‐1611)「独りお寝(よ)らば参らうずものお伽に、雨降り真の闇なりと」
※浄瑠璃・伽羅先代萩(1785)六「また頑是(ぐんぜ)なき鶴喜代君。お傍のお伽(トギ)もおないどし政岡が子の千松が」
④ 「おとぎばなし(御伽話)②」の略。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

御伽」の用語解説はコトバンクが提供しています。

御伽の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation