@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

御出木偶でん【おででこでん】

精選版 日本国語大辞典

おででこ‐でん【御出木偶でん】
[1] 〘副〙 (「おててこてん」とも) おででこを使う見世物のはやしの音を表わす話。
※歌舞伎・男伊達初買曾我(1753)二「トおててこてんの唄になり、二軒の髪結床〈略〉、由兵衛、髪結の形(なり)にて侍の月代をそってゐる」
[2] おででこを使う見世物。また、おででこを使う大道芸人。
※雑俳・三尺の鞭(1753)「はやい事・おででこでんがかごのうち」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

御出木偶でん」の用語解説はコトバンクが提供しています。

御出木偶でんの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation