@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

御在所山【ございしょやま】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

御在所山
ございしょやま
御在所岳ともいう。三重・滋賀県にある山。標高 1210m,西側のピークは 1212m。鈴鹿山脈主峰の1つ。山頂は平坦な隆起準平原面で,山上公園 (草原) となっており,展望台までロープウェーが通じる。サクラやモミジの名所であり,またツクシシャクナゲ群落やニホンカモシカセンター,山上ホテルなどがある。冬はスキー場となり,北斜面にはロッククライミングで知られる藤内壁がある。頂上からの眺望にすぐれ,伊勢湾や遠く日本アルプスも望まれる。東麓に湯ノ山温泉がある。鈴鹿国定公園に属する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ございしょ‐やま【御在所山】
三重・滋賀両県境の山。鈴鹿(すずか)山脈最高峰。標高1212メートル。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ございしょやま【御在所山】
三重県と滋賀県の境をなす鈴鹿山脈の主峰で,標高1210m。御在所岳と呼ばれることが多い。東の伊勢平野に向かって急斜面をなしているが,山頂付近には平たん面が広く残っている。これは鮮新世初めに形成された準平原の遺物が,その後の急激な地盤運動によって南北方向の山地となって隆起したものである。花コウ岩からなる山体の各所には露岩がみられ,北斜面の藤内壁(とうないへき)などの岩場はロッククライミングの訓練に利用される。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

御在所山
ございしょやま

三重県北部、鈴鹿山脈(すずかさんみゃく)中の主要峰の一つ。標高1212メートル。御在所岳ともいう。近畿日本鉄道湯の山線湯の山温泉駅からバスで御在所ロープウエイ湯の山温泉駅まで10分、2.161キロメートルの長さを誇るロープウェーで山上公園駅まで12分、簡単に山頂に達することができる。山頂付近は平坦(へいたん)な隆起原面が残り、シャクナゲ群落などのある草原が山上公園となっている。伊勢(いせ)湾、琵琶(びわ)湖、アルプス連峰、富士山までを望む展望台、バンガローなどがあり、冬はスキー場となる。山頂周辺は花崗(かこう)岩の絶壁が連なり、北斜面にある藤内壁(とうないへき)は日本三大岩場の一つとして知られ、全国からロッククライマーが集まる。鈴鹿国定公園に属す。

[伊藤達雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

御在所山」の用語解説はコトバンクが提供しています。

御在所山の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation