@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

御坂【みさか】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

御坂
みさか
山梨県中部,笛吹市南東部の旧町域。甲府盆地の南東部に位置し,笛吹川の支流金川左岸の扇状地と上流域一帯を占める。 1955年錦生村,黒駒村が合体して町制。 1958年花鳥村の一部を編入。 2004年石和町,一宮町,八代町,境川村,春日居町と合体して笛吹市となった。第2次世界大戦前は県内屈指の養蚕地帯であったが,現在ではモモ,ブドウなどの果樹栽培が行なわれる。富士五湖石和温泉を結ぶ国道 137号線が通り,沿道に多数の観光ブドウ園がある。南境の御坂峠は旧鎌倉往還の難所であったが,トンネル開通黒駒は奈良時代には名馬の産地として知られた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

み‐さか【御坂】
坂の美称
「足柄の―恐(かしこ)み曇り夜の我(あ)が下延(したばへ)を言出(こち)でつるかも」〈・三三七一〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

御坂
みさか
山梨県中部、東八代郡(ひがしやつしろぐん)にあった旧町名(御坂町(ちょう))。現在は笛吹(ふえふき)市の中央部を占める一地区。1955年(昭和30)錦生(きんせい)、黒駒(くろこま)の2村が合併して町制施行。2004年(平成16)春日居(かすがい)町、石和(いさわ)町、一宮(いちのみや)町、八代(やつしろ)町、境川(さかいがわ)村と合併、市制施行して笛吹市となる。旧町域は、甲府盆地の南東縁御坂山地から流れ出る金川(かねがわ)の扇状地上に広がる。国道20号、137号が通じ、中央自動車道の一宮御坂インターチェンジが近い。律令(りつりょう)期国衙(こくが)に国府(こくふ)が置かれ甲斐(かい)国を統治した古い歴史をもつ。明治以降、養蚕が盛んで畑の多くは桑園であったが、昭和30年代以降はモモ、ブドウの栽培が盛んとなり、耕地の98%が果樹園で果樹農村へと変容している。石和(いさわ)から御坂峠を経て河口湖に至る国道137号は古くは鎌倉往還の要路であったが、いまは沿線に観光ブドウ園が軒を並べている。国指定重要文化財として、美和神社(みわじんじゃ)の木造大物主(おおものぬし)神立像、称願寺(しょうがんじ)の木造他阿上人真教(たあしょうにんしんきょう)坐像、福光園寺(ふくこうおんじ)の木造吉祥天(きっしょうてん)および二天像がある。ゴルフ場、スキー場などもある。[横田忠夫]
『『御坂町誌』(1971・御坂町)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

み‐さか【御坂】
〘名〙 (「み」は接頭語) 坂の美称。
※万葉(8C後)一四・三三七一「足柄の美佐可(ミサカ)(かしこ)み曇夜の吾が下延へを言出(こちで)つるかも」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

御坂」の用語解説はコトバンクが提供しています。

御坂の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation