@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

御巫【ミカンナギ】

デジタル大辞泉

み‐かんなぎ【×巫】
律令制で、神祇官に属し、神事に奉仕した女官
明治4年(1871)神祇省に置かれ、祭典に従事した女性の

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

みかんこ【御巫】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

み‐かんこ【御巫】
〘名〙 「みかんのこ(御巫)」の

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

み‐かんなぎ【御巫】
〘名〙
① 令制で、神祇官に置かれた女官。亀甲を焼くなどして吉凶を占い、また、神嘗祭・鎮魂祭などの神事に奉仕した未婚の女性。倭国の御巫二人、左京生島(いくしま)の御巫一人、右京座摩(いかすり)の御巫一人、御門(みかど)の御巫一人の計五人があった。神祇官のほか、春宮坊・中宮職にも置かれていた。みかんのこ。みかんこ。〔令義解(718)〕
② 明治四年(一八七一)九月二九日神祇省に置いて、祭典に従事させた職。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

み‐かんのこ【御巫】
※続日本紀‐神護景雲元年(767)八月一六日・宣命「但し御巫(みかむの)より以下の人等には」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

御巫」の用語解説はコトバンクが提供しています。

御巫の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation