@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

御広敷番【おひろしきばん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

御広敷番
おひろしきばん
江戸幕府の職名。江戸城大奥において警備を交代して司り,出入りの者を検察する役目をもった役人。これらの役人が詰めている場所を御広敷という。御広敷番に任じられたのは 50俵扶持の御目見 (おめみえ) 以下のものであって,御広敷番頭のほか添番,番衆があった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

おひろしきばん【御広敷番】
江戸幕府の職名。大奥の管理・警衛にあたる御広敷の役人のうち,警衛を主とした役人。責任者は番頭で留守居支配,200石高,役料200俵,人数は9人,交代制で昼夜詰切りで勤務した。番頭の支配下に御広敷添番,同並,御広敷伊賀者,御広敷進上番,御広敷小人,御広敷小仕事之者などが所属する。御広敷御門の長屋中に伊賀者・添番の詰所,小人部屋があり,玄関を入ると番頭部屋・添番詰所があり,玄関正面の奥に伊賀者番所があって,この番所が厳重な板戸を隔てて御殿向に続き,ここが御広敷からの御錠口となっていた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

御広敷番」の用語解説はコトバンクが提供しています。

御広敷番の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation