@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

御当家令条【ごとうけれいじょう】

世界大百科事典 第2版

ごとうけれいじょう【御当家令条】
近世中期の法令集。《令条記》《令条》などの書名でも伝わり,37巻から成る。1597年(慶長2)9月から1696年(元禄9)10月まで100年間の,主として江戸幕府の法令約600通を収め,ほかに慶長以前の数通を含む。1711年(正徳1)藤原親長の序文があり,彼が編纂者と目されるが,どのような人物であったかは未詳成立は1711年とも考えられるが,1696年から1700年の間である可能性が強い。《近世法制史料叢書》所収

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

御当家令条」の用語解説はコトバンクが提供しています。

御当家令条の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation