@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

御影堂【みえいどう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

御影堂
みえいどう
(1) その寺の開基開山を安置した建物。奈良時代頃から開山の没後敬慕の心をこめて建設されはじめたもので,祖師堂開山堂ともいう。浄土真宗西本願寺では「ごえいどう」と読み,親鸞聖人の像を安置する堂舎をいう。 (2) 京都市下京区五条の新善光寺別称

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

みえい‐どう〔‐ダウ〕【御影堂】
仏教寺院で、開山宗祖などの御影を祭る堂。
京都五条橋西にあった新善光寺の異称。この寺のが作り出した御影堂扇といわれ、近世では最上の扇とされ有名であったところから、その名がある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

みえいどう【御影堂】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

みえいどう【御影堂】
一寺の開基、一宗の開祖の御影を安置する堂。開山堂。祖師堂。
京都五条橋の西にあった新善光寺の別名。
京都名産の扇の名。平敦盛の妻が新善光寺に住して作ったのが始まりといい、江戸時代には扇の最上品とされた。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

みえい‐どう ‥ダウ【御影堂】
[1] 〘名〙
① 尊崇する人の姿を写した画像や彫像を安置する堂。
※玉葉‐承安三年(1173)六月二九日「大織冠御影堂、已焼了」
② 祖師などの御影を安置した堂。真言宗では開祖空海の像を安置した堂。東寺、高野山が著名。真宗本願寺派では「ごえいどう」と読む。
※実悟記(1580)「阿彌陀堂・御影堂の参銭は昔より丹後に給はる事にて候を」
※東寺百合文書‐り・(年未詳)八月二一日真壁越前守書状「扇拾本〈御影堂〉被御意候」
[2] 京都市下京区御影堂町にある時宗の寺、新善光寺の別称。近世、寺で製した御影堂扇が有名だったところからの称。〔京雀(1665)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

みえ‐どう ‥ダウ【御影堂】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

御影堂」の用語解説はコトバンクが提供しています。

御影堂の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation