@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

御忌【ギョキ】

デジタル大辞泉

ぎょ‐き【御忌】
天皇・皇后などの年忌法会(ほうえ)。転じて、貴人や宗派の開祖の忌日に行う法会。ごき。
浄土宗の寺院で毎年行う法然の年忌の法会。江戸時代以前は正月に行われたが、現在は4月に修する。京都知恩院の御忌大会が有法然忌 春》「群集する人を木の間に―の寺/虚子

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ご‐き【御忌】
ぎょき(御忌)」に同じ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぎょき【御忌】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

お‐いみ【御忌】
〘名〙 (「お」は接頭語。神々が集まっているので、忌み慎むべき時という意から) 陰暦一〇月のこと。出雲地方でいう。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぎょ‐き【御忌】
〘名〙
① 天皇、皇后などの忌日に行なわれる法会(ほうえ)。また、貴人、仏教各宗派の開祖などの忌日の法会。ごき。
※延喜式(927)一六「凡来年御忌者、寮預令陰陽師等勘録。十二月十日進内侍司
② 特に、浄土宗の開祖、法然上人の忌日に行なわれる法会。浄土宗では、もとは陰暦正月一九日から二五日まで、明治以降は四月一九日から二五日までの七日間これを行なうのを例とする。京都、知恩院の行事は特に有名で知恩講といい、昔は京の人々はこれを遊覧の初めとして美しいきものを着、弁当を持って参詣し、これを弁当始めと称した。《季・春》 〔俳諧・誹諧初学抄(1641)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ご‐き【御忌】
〘名〙 貴人や祖師などを敬って、その年忌の法会をいう語。ぎょき。
※東宮年中行事(12C後か)一二月「十一日おむやうれう、らいねんのごきをけいする事」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おん‐き【御忌】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

御忌」の用語解説はコトバンクが提供しています。

御忌の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation