@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

御所染【ゴショゾメ】

デジタル大辞泉

ごしょ‐ぞめ【御所染(め)】
寛永(1624~1644)のころ女院御所好みで始められたといわれる染め模様の地に、檜垣(ひがき)に竜田川などの模様を入れた上品な散らし模様。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ごしょ‐ぞめ【御所染】
〘名〙 模様染めの一種。絹布に上品なちらし模様を染め出したもの。また、そのような模様の衣服。寛永(一六二四‐四四)のころ、女院の御所の好みで始められたという。御所。
※浄瑠璃・藍染川(1684)一「けふも北野にかきすへて、おりゐの衣御所ぞめのをき手のごひや一やうの」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

御所染」の用語解説はコトバンクが提供しています。

御所染の関連情報

関連キーワード

寛永シュウカイドウ佐渡金山人形浄瑠璃コックスウルバヌス崇禎帝山形藩小西マンショウルバヌス

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation