@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

御池【みいけ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

御池
みいけ
宮崎県南西部,霧島火山群高千穂峰(1574m)の東麓高原町都城市にある火口湖。面積 0.72km2,周囲約 4km,直径約 1km,最大水深 93.5m。湖面標高 305m。多数の霧島火口湖のなかで最大。火口壁は比較的低く,常緑広葉樹の林に囲まれ,紺碧の湖面に高千穂峰を映す。東岸の皇子港から遊覧船が出ており貸しボートなどもある。夏季にはレクリエーション地として特ににぎわう。霧島錦江湾国立公園に属する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

御池
宮崎県都城市と西諸県郡高原町の境目、霧島火山群の高千穂峰東麓の標高約305メートルに位置する火山。面積約0.72平方キロメートルで、同火山群の噴火により形成された湖の中では最大。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

御池
みいけ

宮崎県南西部、都城市(みやこのじょうし)と高原町(たかはるちょう)の境界にある霧島山(きりしまやま)中最大の火口湖。高千穂峰東麓(たかちほのみねとうろく)に位置し、直径約970メートル、最大水深93.5メートルの円形で、湖面標高は300メートル。マールとよばれる爆裂火口で、周囲は約50メートルの崖(がけ)に囲まれ排水口はない。西部に堰止(せきとめ)湖小池(こいけ)がある。付近は照葉樹天然林が茂り、野鳥の森として保護されている。国道223号に面し、キャンプ場、遊歩道、ボート場などがある。

[横山淳一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おいけ【御池】
[一] 京都市の市街地中央部を東西に走る通り。旧三条坊門通。押小路通と姉小路通の間にあり、中京区河原町通から右京区太秦安井の葛野中(かどのなか)通に至る。
[二] 京都の烏丸西、押小路南の一町にわたった二条殿の苑池。龍躍池。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

御池」の用語解説はコトバンクが提供しています。

御池の関連情報

関連キーワード

溶血性尿毒症症候群証人刑事免責制度カテキン証人尋問指定伝染病自己株式証言文帝O一五七

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation