@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

御油【ごゆ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

御油
ごゆ
愛知県南東部,豊川市中西部の旧町域。1892年町制。1959年豊川市に編入東海道姫街道と分岐する追分宿として栄えた。明治維新後も郡役所警察署が置かれ,地方の中心であったが,東海道本線が開通すると往時のにぎわいを失った。いまも古い町並みを残し,西隣の赤坂との間に国指定天然記念物のマツ並木が保存されている。名古屋鉄道,国道1号線が通り岡崎市豊橋市への通勤者が多い。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ごゆ【御油】
愛知県豊川市の地名。もと東海道五十三次宿駅で、姫街道の分岐する追分。西隣の宿駅であった赤坂との間に松並木が残る。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ごゆ【御油】
三河国にあった中世以来の東海道の宿駅(現,愛知県豊川市)。鳳来寺への参詣道や,遠江国の今切渡,新居関所を避けて浜名湖北岸を迂回する姫街道分岐点にも当たる交通の要地。江戸時代の宿駅規模は町並み9町余,家数300軒前後,人口1200人前後と小さいが,本陣4・旅籠屋62軒と宿泊施設は比較的完備していた。伝馬役負担者が少ないため常時人足,馬数が不足しており,解決策として近隣農村から農耕馬を雇用したり,定助郷に25ヵ村も指定している。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

御油
ごゆ

愛知県豊川市(とよかわし)西部の地区。旧御油町。東海道五十三次の宿場で、姫(ひめ)街道を分岐する。本陣4、旅籠(はたご)62(1843)、隣の赤坂宿との間には松並木(国指定天然記念物)が保存され、町並みも宿場のおもかげを残す。明治維新後も郡(宝飯(ほい)郡)政の中心であったが、東海道本線が蒲郡(がまごおり)経由となってから急速に衰微した。その後、名古屋鉄道本線が開通し、名古屋、豊橋(とよはし)方面への通勤が便利となり、御油団地が造成されるなど、現在住宅化が進んでいる。

[伊藤郷平]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典・日本の観光資源

御油
(愛知県豊川市)
東海道五十三次」指定の観光名所。

出典:日外アソシエーツ「事典・日本の観光資源」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ごゆ【御油】
愛知県豊川市にある地名。江戸時代、吉田と赤坂の間の東海道の宿駅で、脇往還の本坂(姫)街道の分岐する追分として栄えた。五位。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

御油」の用語解説はコトバンクが提供しています。

御油の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation