@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

御用【ゴヨウ】

デジタル大辞泉

ご‐よう【御用】
ある人を敬って、その用事・入用などをいう語。また、用事・入用などを丁寧にいう語。「何かご用ですか」「ご用を承ります」
宮中・政府などの公の用務・用命。「宮内庁の御用を達する店」→御用達(ごようたし)
捕り手が官命で犯人を捕らえること。また、そのときのかけ声。転じて、警察につかまること。「御用御用、神妙にしろ」「御用になる」
権力のある者にへつらい、自主性のない者を軽蔑していう語。「御用新聞」
御用聞き1」の

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ご‐よう【御用・御要エウ
〘名〙 (「ご」は接頭語)
① ある人を敬って、その人の用事、入用をいう語。
※明衡往来(11C中か)下末「象眼送数稔。其色梨黒。紫羅紅錦少所候也。若有御用御覧
② 天皇・宮中・幕府・大名・政府などの用事、入用をいう語。
※浮世草子・魂胆色遊懐男(1712)一「大名の御用(ヨウ)きかるる歴々の町人棟高く」
③ 召捕りの役人などが、犯罪者を逮捕すること。官命による逮捕。また、その時のかけ声。
※人情本・花鳥風月(1830‐44頃)四「御用(ゴヨウ)といふ提燈を燈(つけ)て居ましたから、〈略〉誠に恟(びっく)りしましたヮ」
④ 犯罪者が処刑されること。お仕置き。
※歌舞伎・四千両小判梅葉(1885)大切「『今日か今日かと呼出しを此間から待って居ります』『さっき帳番からちらりと聞いたが、明日御用(ゴヨウ)になるさうだ』」
⑤ 江戸時代以降、酒屋、あるいは八百屋・日用品店の丁稚(でっち)。ご用聞き。樽拾い。
※俳諧・焦尾琴(1701)風・花桜之篇「御用よぶ丁児かへすな花の鳥〈其角〉」
⑥ 用便。便通。
※浮世草子・夫婦気質(1751‐64頃)上「御料理頂戴致し帰る途中より御用きざしければ」
⑦ 権力にへつらい、自主性のないものを軽蔑していう語。多く「御用学者」「御用新聞」など接頭語的に用いられる。
※浮世草子・西鶴織留(1694)一「両替ども、こがねの山を見せるに中々あひもおとらず、諸大名の御用何ほどにても事をかかず」
※雑俳・川柳評万句合‐明和四(1767)義四「御入部に御用四五人ちくてんし」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

御用」の用語解説はコトバンクが提供しています。

御用の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation