@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

御節【オセチ】

デジタル大辞泉

お‐せち【御節】
節(せち)の日に特に作る料理お供え(もち)。節供(せちく)。→御節料理
正月五節句などの節日(せちにち)のこと。(せち)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典

おせち【御節】
新年を祝って食べる料理。祝い肴(ざかな)(関東では、黒豆・数の子・ごまめ、関西では黒豆またはごまめ・数の子・たたきごぼうの3種)、口取り(かまぼこ・きんとん・だて巻きなど)、酢の物(紅白なますが多い)、焼き物、煮しめなどを重箱に詰めて供する。それぞれの料理には、たとえば黒豆は「まめに暮らせるように」というように、五穀豊穣、子孫繁栄、健康や長寿などの願いが込められている。各重の料理の品数は奇数とし、料理の向きや並べ方などにもしきたりがあるが、こんにちではそれほど厳格に作ることは少なく、正月用のごちそうとして、洋風・中華風のものなども作られるようになった。◇「おせち料理」ともいう。節(せち)(季節の変わり目に祝いを行う日)のごちそうや供え物をいったが、次第に正月用の料理に限定して用いるようになった。

出典:講談社
(C)Kodansha 2010.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

おせち【御節】
せちに作る料理。主に正月用の料理をいう。 -料理

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

お‐せち【御節】
〘名〙 (「お」は接頭語)
① 正月、節供など年中行事の行なわれる日。節日(せちび)。物日(ものび)
※浄瑠璃・傾城無間鐘(1723)三「お節にて座敷は酒宴の真最中」
② 節(せち)の日に作るごちそうや、お供えの餠。また、それをふるまうこと。節供(せちく)。お節供(せちく)。せち料理。おせちぶるまい。
※俳諧・御傘(1651)一「豊明節会〈略〉おせちとばかりするは春也。これは天下の地下人、正月に親類ども振舞を申付たる俗言なれば」
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)三「おいらも今お節(セチ)を祝った」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

御節」の用語解説はコトバンクが提供しています。

御節の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation