@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

御義口伝【おんぎくでん】

世界大百科事典 第2版

おんぎくでん【御義口伝】
《就注法華経御義口伝》《日興記》とも称す。1571年(元亀2)の写本大石寺要法寺にあり,1654年(承応3),1721年(享保6),1751年(宝暦1)に出版。1278年(弘安1)日蓮の高弟日興が日蓮の法華経の講義録したとあるが,最近では書誌学的・教学的考察から偽撰説が定着しつつある。上巻は同経の題目と序品以降涌出(ゆじゆつ)品まで,下巻は寿量品から末尾までと無量義経,観普賢経および別伝,総計231ヵ条(1654年の版本は229ヵ条)。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

おんぎくでん【御義口伝】
日蓮宗の書。二巻。日蓮が身延山で、いわゆる六老僧の懇願により建治年中(一二七五‐七八)に口述し、それを日興が筆記したもの。法華経に関する日蓮の解釈を内容とする。就註法華経御義口伝。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

御義口伝」の用語解説はコトバンクが提供しています。

御義口伝の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation