@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

御部屋【オヘヤ】

デジタル大辞泉

お‐へや【御部屋】
部屋」の尊敬語・美化語。
宮中で、局(つぼね)の下に属し雑役をした女。
貴人の妾(めかけ)。おへやさま。
「たとへ―にもせよ、傾城(けいせい)遊女を屋敷へ入れてはよその聞え」〈伎・幼稚子敵討〉
中流の人妻の敬称。おへやさま。
「娌(よめ)、御新造、―などいふは子細らし」〈浮・好色訓蒙図彙・上〉
遊女屋の主人。また、その居間。
「商ひをたんとなすって、―の御機嫌のよいやうになすったがいいのさ」〈洒・南閨雑話〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

お‐へや【御部屋】
〘名〙 (「お」は接頭語)
① ある人を敬ってその部屋をいう語。また、部屋を丁寧にいう語。
※浮世草子・商人軍配団(1712か)二「御新造の御入なさるる、お部(へ)やの普請ばかりに五十貫目の入用」
② 宮中で御服掛、御膳掛、雑仕など、局(つぼね)の下に属する者。
③ 武家屋敷の女中部屋。
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)二「あなたがお屋敷にお出(いで)遊す時分は、お部屋中で評判のお結搆人でございました」
④ 中流社会の人妻の敬称。
※浮世草子・好色訓蒙図彙(1686)上「娌(よめ)、御新造、御部屋などいふはしさいらし」
⑤ 貴人のめかけ。側室(そくしつ)。そばめ。
※随筆・独寝(1724頃)上「大名・高家の御部屋かたかたといふも、子にてもなきうちはあんじらるる事あらんなれ共」
⑥ 遊女屋の主人。また、その部屋。品川など江戸の岡場所でいう。
※洒落本・南閨雑話(1773)馴染の体「あきなひをたんとなすって、御部やの御機嫌の能いよふに、なすったがいいのサ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

御部屋」の用語解説はコトバンクが提供しています。

御部屋の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation