@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

御霊信仰【ごりょうしんこう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

御霊信仰
ごりょうしんこう
死者のがたたることを恐れるところから生じた人の霊に対する信仰。死霊に対する宗教観念は,採集文化の段階からすでに広く分布している。日本でも特に災難によって死んだ者,現世に恨みをいだきながら死んだ者などに対しては,そのたたりを恐れて特別な葬法や供養法を用いる風習がすでに古墳時代から行われていた。奈良・平安時代になると,流行病の発生や天災なども貴族間の勢力争いに敗れて死んだ者の霊のたたりであると信じられるようになり,それらの霊をることが盛んになった。桓武天皇の同母弟で皇太子であった早良 (さわら) 親王は,延暦4 (785) 年廃嫡され淡路島に流されて死んだが,その後しばしば疫病が発生したため,その怨霊をしずめるために同 13年に京都御霊社が創祀されたのがその最初といわれる。これは,のちに井上内親王 (光仁天皇皇后) とその子他戸 (おさべ) 親王,藤原大夫人 (伊予親王の母) ,橘逸勢 (たちばなのはやなり) ,文室宮田麻呂 (ふんやのみやたまろ) の霊を合せて六所御霊となり,さらに菅原道真の霊 (火雷神) ,吉備真備 (きびのまきび) の霊を合せて八所御霊が成立。その祭礼 (御霊会) が盛大に営まれるようになり,この信仰が地方にも及んで全国的に御霊社がみられるにいたった。御霊信仰は近世にいたるまで衰えず,百姓一揆の指導者であった佐倉惣五郎 (宗吾) の霊を祀った宗吾霊堂などが知られる。御霊会は普通5~8月に行われ,行列と芸能が大きな役割をになう。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ごりょうしんこう【御霊信仰】
〈御霊〉は〈みたま〉で霊魂を畏敬した表現であるが,とくにそれが信仰の対象となったのは,個人や社会にたたり,災禍をもたらす死者(亡者)の霊魂(怨霊)の働きを鎮め慰めることによって,その威力をかりてたたり,災禍を避けようとしたのに発している。この信仰は,奈良時代の末から平安時代の初期にかけてひろまり,以後,さまざまな形をとりながら現代にいたるまで祖霊への信仰と並んで日本人の信仰体系の基本をなしてきた。 奈良時代の末から平安時代の初期にかけては,あいつぐ政変の中で非運にして生命を失う皇族豪族が続出したが,人々は(天変地異)や疫病流行などをその怨霊によるものと考え,彼らを〈御霊神(ごりようじん)〉としてまつりだした。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ごりょうしんこう【御霊信仰】
御霊の祟りを恐れ、これを鎮めて平穏を回復し、繁栄をもたらそうとする信仰。平安時代初期以降御霊会が盛んに催される一方で、菅原道真の霊など霊威をふるう悪鬼的存在は神社の祭神として祀まつられ恒常的な祭祀の対象となった。御霊信仰は祇園信仰や天神信仰へと発展した。なお、江戸時代の御霊としては佐倉惣五郎が有名。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

御霊信仰
ごりょうしんこう
不幸な死に方をした人の霊が、祟(たた)り、災いをもたらすという信仰。またそれをなだめ、抑える神を祀(まつ)る信仰。霊魂信仰では、霊魂がもっとも尊く不滅の存在であるとし、その一部が人体に宿って安定している間、その人は生きていると考えた。霊肉そろった状態が生であり、死後は子孫の祀りを受けてしだいに霊肉が分離し、肉体は朽ちて霊魂は再生するという考え方である。ところが事故死、戦死、自殺など非業(ひごう)の死を遂げた人の場合、霊肉のうち肉体だけが突然損なわれるわけで、霊魂は安定する場所を失って浮遊霊となる。その浮遊霊が他人の肉体に入ろうと、ねらっているのではないかと恐れたり、稲の害虫になって凶作の原因になるとして鎮送の呪術(じゅじゅつ)行事を行ったりする。その浮遊霊のことを、平安時代には物の怪(もののけ)、中世にかけては怨霊(おんりょう)、御霊(ごりょう)、近世には無縁仏(むえんぼとけ)とか幽霊とかいう。奈良時代末から平安時代末にかけて、天変地異や疫病流行があったのを怨霊の祟りとし、863年(貞観5)には神泉苑(しんせんえん)で御霊会(え)が行われ、祇園(ぎおん)、北野(きたの)、天神(てんじん)、紫野(むらさきの)、今宮(いまみや)などの御霊神社も次々に造営された。これら神社の祭礼は夏祭がおもで、山車(だし)、屋台などを繰り出し、風流(ふりゅう)といって仮装して練り歩くなど、華々しい形をとるものが多い。農村行事にも虫送り、道切り縄など御霊信仰に関連するものが多く、近代初期までの民俗行事に影響を与えた。[井之口章次]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ごりょう‐しんこう ゴリャウシンカウ【御霊信仰】
〘名〙 御霊①の活動によって疫病が流行し、病害虫がはびこるとして恐れたという信仰。また、それを鎮めるための行為をすること。祖霊信仰に並行対立する基本的な信仰。御霊神社、和霊神社などの神社信仰のほか、虫送り、風邪の神送りなどの俗信行事もこれに基づく。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

御霊信仰」の用語解説はコトバンクが提供しています。

御霊信仰の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation