@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

御頭【オツム】

デジタル大辞泉

お‐つむ【頭】
《もと女房詞「おつむり」の。主として幼児に対して用いる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

お‐かしら【御頭】
頭領親分の敬称。→頭(かしら)4

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

おかしら【御頭】
首領などを敬っていう語。親分。ボス。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

お‐かしら【御頭】
〘名〙 (「お」は接頭語)
① 人間や動物の首から上の部分。
② 盗賊、武家の番衆や職人などの統率者の敬称。首領。親方。
※雑兵物語(1683頃)下「御頭が云様には、引上よとの御下知だ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

お‐つむ【御頭】
〘名〙 (主に幼児語として用いられる) 「おつむり(御頭)」の略。
※人情本・仮名文章娘節用(1831‐34)後「『ちっとあたまへふきでがしたやうだっけが、そんなにふえもしねへかへ』『お頭(ツム)のでござりますかへ』」
※童謡・靴が鳴る(1919)〈清水かつら〉「花をつんでは、お頭(ツム)にさせば」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

お‐つむり【御頭】
〘名〙 (「お」は接頭語) 頭や頭髪をいう女性語。おつむ。おつぶり。もと、女房詞。〔女中詞(元祿五年)(1692)〕
※落語・成田小僧(下の巻)(1890)〈三代目三遊亭円遊〉「頭髪(オツムリ)は乱れて、島田はガックリと飜(そ)りかへり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

お‐とう【御頭】
〘名〙 (「お」は接頭語) 祭礼などの世話役を敬っていう語。
※虎明本狂言・煎物(室町末‐近世初)「『お頭めでたう存る』『いや茶屋か、きどくはやかったよ』」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

御頭」の用語解説はコトバンクが提供しています。

御頭の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation