@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

御飯【オマンマ】

デジタル大辞泉

お‐まんま【飯】
飯(めし)・食事の、俗な言い方。「仕事がなくてはお飯の食い上げだ」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ご‐はん【御飯】
米などのめし、食事を丁寧にいう語。「ご飯を炊く」「ご飯にする」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

お‐まんま【御飯】
〘名〙 (「お」は接頭語)
① めし、食事をいう幼児語。おまま。
※洒落本・契情買虎之巻(1778)瀬川が一念「おまんまがすぎいすと、ひいきよと、やらをしいすとやらかならずそんなわづらひを、させてばしくれなんすな」
② 俗に、生計をたてるもの。
※浅草(1931)〈サトウハチロー〉浅草小話「だって笑はなければ、オマンマにならないぢゃないか」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

お‐めし【御飯】
〘名〙 (「お」は接頭語) 「めし(飯)」の尊敬・丁寧語。
※京極大草紙(室町後)食物之式法之事「汁につけてまいるには、こづけの御めしに、何れの汁にてもきこしめし度をとりてきこしめすべし」
※浮世草子・西鶴織留(1694)六「あの子が夫(とと)に云分いたし、お食(メシ)もたべぬ程気をなやみまして」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ご‐はん【御飯】
〘名〙 (「ご」は接頭語) 米などのめしをいう丁寧語。転じて、食事をいう丁寧語。
※歌舞伎・五大力恋緘(1793)二幕「然らば身共は、御飯(ゴハン)頂戴仕りませうの」
[語誌]→「めし(飯)」の語誌

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

御飯」の用語解説はコトバンクが提供しています。

御飯の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation