@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

復活祭論争【ふっかつさいろんそう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

復活祭論争
ふっかつさいろんそう
paschal controversies
初期キリスト教会における復活祭日取りに関する論争。小アジアではユダヤ教の過越しニサンの月 14日をキリストの死の記念日として祝ったが,ローマでは早くからキリストの復活に重点をおき,ニサンの月 14日の次の日曜日を主張した。教皇ビクトル1世前者破門を宣言するに及んで争いは表面化したが,エイレナイオスの仲介により教会分裂は避けられた。ニカイア公会議 (325) はユダヤ教との相違を強調し,キリストの復活の祝日という意味づけをとってローマの習慣を一般化させた。暦法による算出の問題はニカイア公会議では決定されず,その後もローマとアレクサンドリアでは異なった日に復活祭が祝われたが,6世紀ディオニシウス・エクシグウスの影響により西方でもアレクサンドリア算法が浸透した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

復活祭論争」の用語解説はコトバンクが提供しています。

復活祭論争の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation