@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

循環論法【ジュンカンロンポウ】

デジタル大辞泉

じゅんかん‐ろんぽう〔ジユンクワンロンパフ〕【循環論法】
論理学で、論点先取の虚偽の一。証明すべき結論前提に用いる論法。循環論証

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

じゅんかんろんぽう【循環論法 vicious circle】
悪循環ともいう。証明における循環論法と定義における循環論法とがある。証明における循環論法とは,ある命題の証明においてその命題を仮定した議論を使うこと。形式的にいえば,P1,P2,……,Pn(n≧1)を命題とするとき,P1を証明するのにP2を使い,P2を証明するのにP3を使うというようにしてPnまで進むが,Pnを証明するのにP1を使う議論。たとえば幾何学において,三角形の内角の和が2直角になることを証明するのに平行線の公理を用いるが,平行線の公理の根拠を求められると三角形の内角の和が2直角になることによって答える場合がこれである。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

じゅんかんろんぽう【循環論法】
論点先取の誤謬の一つで、論証すべき結論を潜在的・顕在的に論証の前提とするような論証の方法。循環論証。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

循環論法
じゅんかんろんぽう
circular reasoning
前提のなかに結論をあらかじめ入れておく論法で、論理的には認められない。たとえば「彼のいったことは信用してよい。なぜなら彼はよい人だから。そうして彼がよい人だということは、彼のいうことは信用してよいということからわかる」などといった論法がそれである。[吉田夏彦]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じゅんかん‐ろんぽう ジュンクヮンロンパフ【循環論法】
〘名〙 ある命題を論証するのに、その命題と同義の命題を論拠とするような論法。前提と結論が互いに依拠し合っている虚偽を犯している。循環論証。〔現代日用新語辞典(1920)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

循環論法」の用語解説はコトバンクが提供しています。

循環論法の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation