@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

微斜長石【びしゃちょうせき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

微斜長石
びしゃちょうせき
microcline
アルカリ長石一種。 (K,Na)AlSi3O8三斜晶系双晶が組合わさって一つの結晶をつくるので,偏光顕微鏡下では格子縞に見える。比重 2,56~2.63 ,硬度 6~6.5 。花崗岩片麻岩主成分鉱物

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

微斜長石
びしゃちょうせき
microcline

カリ長石の一種で、三斜晶系に属する鉱物。正長石との肉眼的識別は不可能である。また、正長石は微斜長石のきわめて単斜相に近いものと考えて両者を別種扱いにしないこともある。すなわち、カリ長石のうち、単斜相は玻璃(はり)長石、三斜相は微斜長石とするわけである。したがって微斜長石には完全な三斜相からきわめて単斜相に近いものまで存在する。柱状ないし短柱状結晶のほか塊状をなす。ほとんどつねに双晶をしている。花崗(かこう)岩、閃長(せんちょう)岩などの深成岩およびそれらのペグマタイト中にきわめて普通に産する。また、片麻(へんま)岩などの変成岩中にもよくみられる。スカルン中に灰鉄輝石や灰礬(かいばん)ざくろ石などと産する。青緑色を帯びたいわゆる天河石(てんがせき)(アマゾナイト)は微斜長石のことが多い。二方向の劈開(へきかい)のなす角が90度より少しずれるので、英名は、少し傾いているという意味のギリシア語に由来する。

[松原 聰]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

微斜長石」の用語解説はコトバンクが提供しています。

微斜長石の関連情報

関連キーワード

白雲母(データノート)

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation