@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

微温湯【ヌルマユ】

デジタル大辞泉

ぬるま‐ゆ【微温湯】
ぬるい湯。ぬるゆ。びおんとう。
刺激や緊張のない境遇や生活。「微温湯の暮らしから抜け出す」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

びおん‐とう〔ビヲンタウ〕【微温湯】
温度の低い。ぬるまゆ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぬる‐ゆ【微温湯】
ぬるまゆ1」に同じ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぬるま‐ゆ【微温湯】
〘名〙
① 温度の低い湯。ぬるい湯。ぬるま。ぬるゆ。ぬるみ。びおんとう。
※狂歌・大団(1703)一「風もいるるあつさわすれてぬるま湯をかかる湯殿のくれぞすずしき」
② 刺激や緊張のない境遇や生活など。
※森鴎外(1954)〈高橋義孝〉五「ぬるま湯のような折衷主義でなければ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

びおん‐とう ビヲンタウ【微温湯】
〘名〙 温度の低い湯。ぬるまゆ。
※舎密開宗(1837‐47)内「数日気に曝し或微温湯に浸せば」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

微温湯」の用語解説はコトバンクが提供しています。

微温湯の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation