@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

徳川家治【とくがわ いえはる】

美術人名辞典

徳川家治
江戸幕府十代将軍。九代家重の長子より穎敏で祖父吉宗の寵愛を受ける。将軍職に就くや、前代秕政を矯め、享保の盛時に戻そうとしたが、田沼意次権勢を揮い、下情は将軍の視聴には達しなかった。天明6年(1786)歿、50才。朝廷より正一位太政大臣の位官を追贈される。

出典:(株)思文閣

デジタル大辞泉

とくがわ‐いえはる〔トクがはいへはる〕【徳川家治】
[1737~1786]江戸幕府第10代将軍。在職1760~1786。家重長男田沼意次(たぬまおきつぐ)が政治の実権を握り、商品経済の発展をみたが、他方綱紀退廃を招いた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

徳川家治 とくがわ-いえはる
1737-1786 江戸幕府10代将軍。在職1760-86。
元文2年5月22日生まれ。徳川家重(いえしげ)の長男。母はお幸の方(至心院)。宝暦10年将軍職をつぐ。田沼意次(おきつぐ)を側用人(そばようにん),ついで老中登用し,積極的な産業振興策をとるが,賄賂(わいろ)政治の不評もかった。天明6年8月25日死去(発喪は9月8日)。50歳。幼名は竹千代。法号は浚明院。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

とくがわいえはる【徳川家治】
1737‐86(元文2‐天明6)
江戸幕府10代将軍。9代将軍家重の長子。幼名竹千代。幼少から明敏で祖父吉宗に期待され,学芸に長じ囲碁,将棋も巧みだったという。1760年(宝暦10)父の譲りを受け将軍となる。86年に没するまで27年間の治世は,側用人田沼意次が実権をにぎり,一面新時代への進取・積極的気風もあったが,他面天災も加わり,政治の腐敗,社会の退廃・疲弊など体制の危機が進行する時代であった。【辻 達也】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

とくがわいえはる【徳川家治】
1737~1786 江戸幕府第一〇代将軍(1760~1786)。家重の長男。幼名竹千代。老中田沼意次は積極的な経済政策を行なったが、他方で賄賂が横行した。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

徳川家治
とくがわいえはる
[生]元文2(1737).5.22. 江戸
[没]天明6(1786).8.25. 江戸
江戸幕府 10代将軍 (在職 1760~86) 。家重の長男。母は梅渓通条の娘。幼名は竹千代。院号は浚明院。宝暦 10 (60) 年9月2日将軍宣下。田沼意次が重用され,いわゆる「田沼時代」が出現。2男2女が早世して世子がなく,一橋家から家斉を養子とした。死後,田沼意次罷免後の天明6 (86) 年9月8日に喪を発した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

徳川家治
とくがわいえはる
(1737―1786)
江戸幕府10代将軍(在位1760~86)。幼名竹千代。9代将軍家重(いえしげ)の長子。母は梅渓(うめたに)氏お幸(こう)。元文(げんぶん)2年5月22日生まれ。1760年(宝暦10)9月に将軍就任。祖父吉宗(よしむね)は家治の幼少時には、不肖の家重にかわるものとしてその成長に期待をかけていたが、長じては凡庸となり、老中たちの政治、とくに後半は田沼意次(たぬまおきつぐ)の政治に埋没していた。治政中は宝暦(ほうれき)~天明(てんめい)期(1751~89)の幕藩制転換期にあたり、しかも明和(めいわ)の江戸大火、天明の浅間山大噴火、大飢饉(だいききん)と百姓一揆(ひゃくしょういっき)、都市打毀(うちこわし)の大高揚と社会不安の激化した時期とぶつかっていた。天明6年8月25日(公表では9月8日)病死、法号は浚明院(しゅんめいいん)。贈正一位太政大臣(だいじょうだいじん)。上野の東叡山(とうえいざん)寛永寺(かんえいじ)に葬られる。[山田忠雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

徳川家治 (とくがわいえはる)
生年月日:1737年5月22日
江戸時代中期の江戸幕府第10代の将軍
1786年没

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

とくがわ‐いえはる【徳川家治】
江戸幕府第一〇代将軍。家重の長男。幼名竹千代。宝暦一〇年(一七六〇)将軍となる。治政は老中田沼意次が実権を握り積極的な重商主義政策を行なった。産業・文化が興隆した反面、賄賂の横行など風紀は乱れた。元文二~天明六年(一七三七‐八六

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

徳川家治
とくがわいえはる
1737〜86
江戸幕府10代将軍(在職1760〜86)
9代将軍家重の長男。田沼意次 (おきつぐ) を側用人に登用,さらに老中に進めた。このため田沼意次による積極的な政治が行われたので,家治の治世を田沼時代と呼ぶ。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

徳川家治」の用語解説はコトバンクが提供しています。

徳川家治の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation