@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

徳川忠長【とくがわただなが】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

徳川忠長
とくがわただなが
[生]慶長11(1606).5.7. 江戸
[没]寛永10(1633).12.6. 高崎
江戸時代初期の大名。秀忠の3男。母は浅井氏。幼名は国松。通称駿河大納言父母寵愛一身に集め,家光をさしおいて世子に擬せられたが実現しなかった。元和2 (1616) 年甲斐に封じられ,寛永2 (25) 年さらに駿河遠江を加増されて 55万石を領した。翌年8月 20日従二位大納言叙任。同8年5月乱行を理由に甲州蟄居を命じられ,翌年には上州高崎へ移され,同 10年高崎の大進寺で自刃

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

とくがわ‐ただなが〔トクがは‐〕【徳川忠長】
[1606~1634]江戸初期の大名。徳川2代将軍秀忠三男で3代将軍家光。通称駿河大納言。兄家光にうとまれ、秀忠の死後自刃。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

徳川忠長 とくがわ-ただなが
1606-1634* 江戸時代前期の大名。
慶長11年5月7日生まれ。徳川秀忠(ひでただ)の3男。母はお江与(えよ)の方(崇源院)。寛永元年駿河(するが)(静岡県)府中藩主となる。55万石。3年従二位,権(ごんの)大納言。駿河大納言とよばれた。兄の3代将軍徳川家光(いえみつ)との確執から,8年甲斐(かい)(山梨県)に蟄居(ちっきょ),ついで上野(こうずけ)(群馬県)高崎に閉され,寛永10年12月6日自害させられた。28歳。幼名は国松。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

とくがわただなが【徳川忠長】
1606‐33(慶長11‐寛永10)
江戸前期の大名。幼名国松。世に駿河大納言ともいわれる。2代将軍秀忠の三男。母は正室江与の方(崇源院)。3代将軍家光の弟。甲府20万石にはじまり,1624年(寛永1)甲斐・駿河などで55万石を領し,駿府城に入る。才知にすぐれ父母に寵愛されたため家光にはうとまれたといわれ,また30年ころから乱行が目だったため,31年甲府に蟄居(ちつきよ),翌年上野高崎城に幽閉され,33年自刃した。これにより徳川宗家権力は強化された。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

徳川忠長
とくがわただなが
(1606―1633)

江戸初期、2代将軍秀忠(ひでただ)の第3子。母は正室浅井氏お江(ごう)。3代将軍家光(いえみつ)の同母弟。駿河大納言(するがだいなごん)と称された。父母に愛され兄家光と3代将軍の座を争ったが、祖父家康の裁定で家光が後継者に決したという著名な話がある。将軍家連枝(れんし)として甲斐(かい)国(山梨県)が与えられ、ついで駿河・遠江(とおとうみ)(静岡県)の所領が加えられ、駿府(すんぷ)城に居し、55万石を領するに至った。官位も従(じゅ)二位、権(ごん)大納言に昇った。しかし1631年(寛永8)には大御所秀忠(ひでただ)にその粗暴の行為がとがめられ甲州内で蟄居(ちっきょ)することを命ぜられた。忠長は金地院崇伝(こんちいんすうでん)、南光坊天海(てんかい)らを通じて赦免を請うたが許されず、翌年秀忠没後、上州(群馬県)高崎に移され幽閉され、領地は没収された。そして寛永(かんえい)10年12月6日自殺せしめられた。忠長は優れた人物だったとする説もあり、この事件については狂気説のほか陰謀説など諸説があって、真相はかならずしも明らかではない。

[林 亮勝]

『若林淳之著「徳川忠長」(『大名列伝 3』所収・1967・人物往来社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

徳川忠長 (とくがわただなが)
生年月日:1606年5月7日
江戸時代前期の大名
1634年

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

とくがわ‐ただなが【徳川忠長】
江戸初期の大名。秀忠の三男。幼名国松。駿府五五万石を領し、権大納言に任ぜられたが、兄家光の忌諱に触れ高崎藩に預けられ、自刃。駿河大納言。慶長一一~寛永一〇年(一六〇六‐三三

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

徳川忠長」の用語解説はコトバンクが提供しています。

徳川忠長の関連情報

関連キーワード

コーク(Sir Edward Coke)ボロトニコフの乱クアケルナックバリニャーノリバデネイラクックにせドミトリー1世フォークスワシーリー・シュイスキー

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation