@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

徳永直【とくながすなお】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

徳永直
とくながすなお
[生]1899.1.20. 熊本,花園
[没]1958.2.15. 東京
小説家。小学校中退。職を転々としたのち,1922年山川均を頼って上京,印刷工員として労働組合運動に参加。 26年共同印刷の大争議にかかわり,敗北後この争議の経過を描いた『太陽のない街』を『戦旗』に連載,これによりプロレタリア作家として認められた。第2次世界大戦中は『光をかかぐる人々』 (1943) で地味な抵抗を示し,戦後は新日本文学会の結成に参加,『新日本文学創刊号から亡妻の思い出として下積み女の一生を描いた『妻よねむれ』 (46~48) を発表。ほかに『八年制』 (37) ,『静かなる山々』 (49~54) ,『草いきれ』 (56) などがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

とくなが‐すなお〔‐すなほ〕【徳永直】
[1899~1958]小説家。熊本の生まれ。印刷工となり、上京して労働運動に参加。共同印刷争議の体験を「太陽のない街」に描き、プロレタリア作家としての地位を確立。他に「失業都市東京」「妻よねむれ」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

徳永直 とくなが-すなお
1899-1958 昭和時代の小説家。
明治32年1月20日生まれ。博文館印刷所につとめ,後身の共同印刷で争議に参加し解雇される。昭和4年体験をもとに「太陽のない街」をかき,プロレタリア作家としてみとめられる。戦後は新日本文学会の創立に参加し,「妻よねむれ」などをのこした。昭和33年2月15日死去。59歳。熊本県出身。
【格言など】お前はもう安心して眠れ! 子供のせなか,亭主のせなかで眠ってくれ!(「妻よねむれ」)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

とくながすなお【徳永直】
1899‐1958(明治32‐昭和33)
作家。熊本生れ。小学校6年から印刷工,文選工などをしながら苦学,労働運動に近づき,1922年に上京して博文館印刷所に勤め,26年にはその後身共同印刷のストライキに参加し解雇された。この経験は29年《太陽のない街》を生み,日本プロレタリア作家同盟を代表する作家となる。33年《創作方法上の新転換》で作家同盟の指導方針を批判し脱退。34年,転向文学《冬枯れ》を書き,また37年《太陽のない街》絶版声明を出すなど,時代の圧力に屈したが,《はたらく一家》(1938),《八年制》(1939),活字印刷の労苦の歴史を描いた《光をかかぐる人々》(1943)などで庶民の実態をリアルに描いた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

とくながすなお【徳永直】
1899~1958) 小説家。熊本県生まれ。博文館印刷所(共同印刷の前身)労働争議の体験をもとに「太陽のない街」を雑誌「戦旗」に書き、労働者出身のプロレタリア作家として認められる。「ナップ」に参加。戦後は民主主義文学の代表作家として活躍。代表作「はたらく一家」「妻よねむれ」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

徳永直
とくながすなお
(1899―1958)
小説家。明治32年1月20日、熊本県に生まれる。小学校を6年で中退後、印刷工場の見習工、文選工などの職業を転々とした。のち山川均(ひとし)を頼って上京、博文館印刷所(現共同印刷)に就職し、出版従業員組合結成に加わったが、1926年(大正15)共同印刷争議に敗れ解雇された。しかしこの体験をもとに29年(昭和4)『太陽のない街』を『戦旗』誌上に連載、ナップ系の数少ない労働者出身の作家として独自の地位を築いた。その後『能率委員会』(1929)、『失業都市東京』(1930)など盛んな創作活動を展開、やがてプロレタリア文学運動の政治主義的偏向を批判、転向小説『冬枯れ』(1934)や『はたらく一家』(1937)、『八年制』(1937)などを発表した。戦後は新日本文学会の創立に参加。『妻よねむれ』(1946~48)、『静かなる山々』(1949~54)ほかを発表。いわゆる50年分裂では『人民文学』に参加した。昭和33年2月15日没。[大塚 博]
『『現代日本文学大系59 徳永直他集』(1973・筑摩書房) ▽久保田義夫著『徳永直論』(1977・五月書房) ▽浦西和彦編『人物書誌大系1 徳永直』(1982・日外アソシエーツ)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

とくなが‐すなお【徳永直】
小説家。熊本県出身。労働者生活を通して社会主義運動にめざめる。大正一一年(一九二二)山川均のもとに寄寓、博文館印刷所(共同印刷の前身)の労働争議に加わり、その体験に基づいた小説「太陽のない街」でプロレタリア作家としての地位を獲得、以来ナップの中心作家となる。第二次大戦後も民主主義文学運動に参加した。著「八年制」「妻よねむれ」など。明治三二~昭和三三年(一八九九‐一九五八

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

徳永直」の用語解説はコトバンクが提供しています。

徳永直の関連情報

関連キーワード

リジェンダーイェーツゴーリキー(Maksim Gor'kiy)チェーホフ[各個指定]芸能部門童謡誌おてんとさん自動車フィンランディアチェレプニンパテルノストロ

他サービスで検索

「徳永直」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation