@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

徳田秋声【とくだ しゅうせい】

美術人名辞典

徳田秋声
明治・大正・昭和時代の小説家。石川県生。尾崎紅葉の門で作家活動を開始した。日露戦争後、『足跡』『』等の作品が注目され、自然主義文学の代表作家となる。『仮装人物』『縮図』は晩年傑作で、自然主義文学の到達点を示した。昭和18年(1943)歿、71才。

出典:(株)思文閣

デジタル大辞泉

とくだ‐しゅうせい〔‐シウセイ〕【徳田秋声】
[1872~1943]小説家。金沢の生まれ。本名、末雄。尾崎紅葉の門に入る。自然主義文学の代表的作家として活躍、大正中期以後は心境小説秀作を残した。作「」「あらくれ」「仮装人物」「縮図」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

徳田秋声 とくだ-しゅうせい
1872*-1943 明治-昭和時代前期の小説家。
明治4年12月23日生まれ。尾崎紅葉(こうよう)に師事し,明治29年第1作「藪かうじ」を発表。泉鏡花らとともに紅葉門下の四天王と称された。「新世帯(あらじょたい)」「黴(かび)」「あらくれ」などで自然主義文学の代表的作家となる。晩年には「仮装人物」があり,「縮図」は戦時下の言論弾圧で未完。芸術院会員。昭和18年11月18日死去。73歳。石川県出身。第四高等中学中退。本名は末雄。
格言など】小説を書きたいからああいう恋愛もする(「仮装人物」を執筆する直前に)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

とくだしゅうせい【徳田秋声】
1871‐1943(明治4‐昭和18)
小説家。本名末雄。金沢市生れ。家系は金沢藩家老横山家の家人。1891年金沢高等中学校を中退,翌92年文学を志して同郷の桐生悠々(きりゆうゆうゆう)とともに上京,尾崎紅葉の門を叩くが,受け入れられず,失意のうちに帰郷した。95年再度上京,博文館に勤務するかたわら,泉鏡花のすすめにより紅葉門下に加わり,作家生活に入った。短編《藪かうじ》(1896),長編のゆくへ》(1900)などでやや世評を得たものの,その地味で暗い作風ゆえに,同門の鏡花や小栗風葉ほどの人気はなかった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

徳田秋声
とくだしゅうせい
[生]明治4(1871).12.23. 金沢
[没]1943.11.18. 東京
小説家。本名,末雄。 1891年第四高等学校中退。上京し,尾崎紅葉の門に入り,96年処女作『藪柑子 (やぶこうじ) 』によって文壇に認められ,泉鏡花,小栗風葉,柳川春葉とともに紅葉門下の四天王と称された。紅葉の死後,自然主義的傾向をみせ,『新世帯 (あらじょたい) 』 (1908) ,『足迹』 (10) ,『 (かび) 』 (11) ,『爛 (ただれ) 』 (13) ,『あらくれ』 (15) などを発表。その後心境小説に近づき,身辺の恋に取材した「順子もの」といわれる約 20編の作品を再構成した『仮装人物』 (35~38) ,自伝的長編『光を追うて』 (38) に続き,1941年代表作『縮図』を起稿したが,言論弾圧のため未完に終った。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

徳田秋声
とくだしゅうせい
(1871―1943)

小説家。本名末雄。明治4年12月23日(西暦1872年2月1日)石川県金沢市に生まれる。父、雲平は加賀藩家老横山家の家臣、母タケはその4番目の妻で、秋声には異母兄姉が4人、同腹の姉が1人あった。幼時から病弱で小学校入学も1年遅れた。1886年(明治19)石川県専門学校に入学、1888年、学制改革により同校が第四高等中学となり、秋声はその補充科に合格したが、同時に受験した泉鏡花(きょうか)は不合格だった。父の病没により1891年退学。小学時代の同級生桐生悠々(きりゅうゆうゆう)らとの交友深まり、文学への関心高まり、1892年悠々とともに上京。尾崎紅葉(こうよう)に会いに行ったが、玄関番をしていた鏡花に断られて会えず、坪内逍遙(しょうよう)には会えたが意を達せず、大阪の兄を頼って下阪、『大阪新報』『葦分船(あしわけぶね)』などに作品を発表した。翌年帰郷、このころより「秋声」の筆名を用いた。1894年新潟県長岡の『平等新聞』記者として赴任、翌年上京して博文館に入社。鏡花の誘いで紅葉門下となった。1896年『文芸倶楽部(くらぶ)』に『藪(やぶ)かうじ』を発表、文壇的処女作となった。その年、博文館退社、以後1899年から1901年(明治34)まで読売新聞社に勤めたほかは、生涯文筆だけで生計を支えた。したがって通俗物をも量産する必要に迫られ、生涯にわたってその種の作品が多産されている。そのため、初期に『惰(なま)けもの』(1899)、『雲のゆくへ』(1900)などの佳作で文壇の注目を集めながら決定的な力作が出なかった。

 1902年、小沢はま同居、妻となる。翌年師紅葉の没後、しだいに自然主義的傾向が文壇に強まるにつれて秋声の作風が認められるようになり、1908年、短編集『秋声集』と中編『新世帯(あらじょたい)』(『国民新聞』連載)とが同時に好評を得て、秋声の自然主義作家としての地位はほぼ定まった。『足迹(あしあと)』(1910)は新聞連載中は評価を得られなかったが、翌年『黴(かび)』の成功によって再評価され、田山花袋(かたい)は平面描写の極致を示すものとして激賞した。この2作は自然主義にとっても秋声にとっても決定的な作となった。生田長江(いくたちょうこう)は秋声を「生れたる自然派」と評した。そのような作風の秋声は、自然主義の退潮とともに行き詰まることになり、『爛(ただれ)』(1913)、『あらくれ』(1915)あたりを峠として、大正後半期には第一線を退いた形となり、1920年(大正9)の花袋秋声生誕50年祝賀会は、自然主義の両雄の文壇退場を告げるかのごとき観を呈した。しかし、1926年妻はまの急死に前後して秋声の身辺に登場した作家志望の山田順子との交渉は、秋声の創作意欲を再燃させ、『元の枝へ』(1926)などの短編から『仮装人物』(1935~38)に集大成する道を開き、また1931年(昭和6)に知り合った芸者小林政子との交渉から『縮図』(1941)を生み、晩年の2傑作となった。1937年芸術院会員。昭和18年11月18日肋膜癌(ろくまくがん)のため没。本郷の住居は東京都史跡に指定。石川近代文学館に原稿などを収蔵する。

[和田謹吾]

『『秋声全集』全18巻(1974~75・臨川書店)』『野口冨士男著『徳田秋声伝』(1965・筑摩書房)』『『吉田精一著作集8 花袋・秋声』(1980・桜楓社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

とくだ‐しゅうせい【徳田秋声】
小説家。石川県出身。本名末雄。はじめ尾崎紅葉に師事。紅葉門下の四天王の一人と目されたが、明治末頃より自然主義的作風の作品を多く発表し自然主義作家の第一人者となった。大正末以降は心境小説にも筆を染め独自の境地を開いた。著「黴」「あらくれ」「縮図」など。明治四~昭和一八年(一八七一‐一九四三

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

徳田秋声
とくだしゅうせい
1871〜1943
明治〜昭和期の小説家
本名は末雄。石川県の生まれ。第四高等学校(現金沢大学)中退。初め尾崎紅葉に師事,明治末に自然主義作家となり,冷徹な客観描写,愛欲生活の描写に冴えを示した。代表作に『あらくれ』『町の踊り場』『縮図』など。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

徳田秋声」の用語解説はコトバンクが提供しています。

徳田秋声の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation