@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

徴兵令【ちょうへいれい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

徴兵令
ちょうへいれい
明治5 (1872) 年 11月の「全国徴兵」に基づき,1873年1月に公布された法令。同4年末兵部大輔山県有朋らの建議により発せられた。徴兵を嫌った庶民は,たとえば養子免役が認められたので,これを利用して免役を得ようとしたり (徴兵養子) ,また徴兵告諭の文字 (「血税」) の誤解と新政府に対する不平不満が結びつき,各地に血税一揆が起きた。徴兵令は 79年に全面改訂され,1927年これに代って兵役法が制定された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ちょうへい‐れい【徴兵令】
明治6年(1873)に公布された徴兵に関する法令。国民皆兵主義をとり、満20歳に達した男子兵役義務を定めたが、当初は多くの免役規定があった。昭和2年(1927)兵役法と改称

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ちょうへいれい【徴兵令】
明治・大正期における国民の兵役義務に関して定めた法令。廃藩置県後,1万足らずの政府直轄軍である親兵のほかには旧各藩兵から成る4鎮台歩兵10大隊と19小隊・砲隊2隊の地方軍しかもっていなかった明治政府は,早急に統制ある常備軍建設の必要に迫られた。実現すべき兵制については,壮兵=職業兵制とするか,徴兵制とするか,民兵=国民軍制とするかについて議論があったが,陸軍大輔山県有朋の主導権のもとに徴兵制が採用され,1872年(明治5)11月に徴兵の詔・徴兵告諭,翌年1月に徴兵編成並概則を布告した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ちょうへいれい【徴兵令】
1872年(明治5)の徴兵に関する詔書および太政官告諭に基づいて翌年一月公布された法令。これにより近代的常備軍が編成された。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

徴兵令
ちょうへいれい
国民に兵役義務を課した法律。成立後まもない明治政府は、中央直属の軍事力をほとんど有しないままに、農民一揆(いっき)などの反政府行動に直面しなければならなかった。このため、中央集権国家の物理的基礎となるべき中央政府直属の軍事力の整備が急務となり、1871年(明治4)2月には御親兵が編成され、さらに同年8月には、旧藩の藩兵を召集して四鎮台が設置された。しかし、これらの軍事力の基礎となっていたのは封建的な身分秩序の内にある旧藩兵であったため、欧米列強の例に倣い国民皆兵の理念に基づく徴兵制の導入が要請され、1872年に全国徴兵の詔(みことのり)が発せられて、翌73年には徴兵令が布告された。この徴兵令には、官吏、官立学校生徒、戸主、代人料納入者などの兵役を免除する広範な免役条項が存在していたが、国内の支配体制の整備に伴って対外戦争の準備が日程に上り、大量の兵員を確保する必要が生まれてくると、これらの免役条項は、再三の改正によってしだいに制限され、1889年には徴兵令の抜本的改正が行われる。すなわち、この改正では、従来の徴集猶予制が廃止され、国民皆兵の原則の徹底が図られるとともに、徴兵忌避者に対する罰則(1か月以上1年以下の重禁錮、3円以上30円以下の罰金)が設けられ、その後の徴兵制の基本的骨格が確定された。さらに、同年2月に公布された大日本帝国憲法では、兵役が「日本臣民」の義務であると定められた。徴兵令は、その後、副次的な改正を経て、1927年(昭和2)の大改正によって兵役法が公布されるまで続く。民衆は、徴兵令の制定と同時に、各地で血税一揆とよばれる徴兵令反対一揆に立ち上がり、その後も、逃亡やさまざまな形での徴兵忌避が後を絶たなかったが、取締りの強化や軍国主義思想の社会への浸透により抵抗の余地はしだいに狭められていった。[吉田 裕]
『大江志乃夫著『徴兵制』(岩波新書)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ちょうへい‐れい【徴兵令】
〘名〙 徴兵に関する命令・法規。日本では明治六年(一八七三)一月一〇日に公布された旧兵役法の昭和二年(一九二七)四月一日以前の名称。
※開化の入口(1873‐74)〈横河秋濤〉四「ハイそれは徴兵令に委しく書て在りやすが」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

徴兵令
ちょうへいれい
1873(明治6)年,明治政府が成年男子に兵役義務を負わせた法令
封建的武士団を解体し,近代的軍隊を創設するため山県有朋の建議により,1872年に詔書・告諭が出され,翌'73年公布された。初め戸主・官吏・代人料(270円)納入者・官立学校上級生徒などの免役規定があったが,'89年の改正により国民皆兵の原則を確立した。1927年兵役法に改称。'45年廃止。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

徴兵令」の用語解説はコトバンクが提供しています。

徴兵令の関連情報

関連キーワード

ダンディ富岡製糸場日本郵便制度史(年表)富岡製糸場アルルの女アルルの女ムソルグスキーモンクラランド竹本長十郎

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation