@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

徴士【ちょうし】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

徴士
ちょうし
慶応4 (1868) 年1月 17日の三職分科の制によって生れた明治政府初期の議事官。各藩および民間から有才のが選ばれ,下 (しも) の議事所の議事官として太政官に出仕した。翌2月の改制により参与,各局判事に任命されたが,旧藩出身ということから太政官との間に間隙が生じ,明治2 (69) 年6月 27日廃止。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ちょう‐し【徴士】
朝廷または政府に召し出された高徳の士。特に、明治初年に藩士や地方の有力者の中から召し出されて政府に登用された者の称。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ちょうし【徴士】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

徴士
ちょうし

明治維新政府が藩・民間から登用して官吏に任命した者の呼称。徴とは「召し出す」の意。三職制の参与には藩士が任命されていたが、1868年(慶応4)正月17日に7科制が置かれると同時に、徴士、貢士(こうし)の制が新設された。定員はなく、参与に任命されて下の議事所(下議院)の構成員となり、同時に科、局の掛(かかり)を兼ねる行政官でもあった。任期は4年、ただし8年まで延長することができた。貢士の人事権が藩主にあったのに対して、徴士の人事権は朝廷にあり、その職務は徴士のほうが重い。徴士は朝廷ないし中央政府の官吏でありながら、他面、出身藩の藩主の家臣であるという二面性をもっていた。2月11日、徴士は朝臣であるべき旨の命が下ったが、二面性の解消は廃藩置県をまたなければならなかった。政体書に基づく太政官(だじょうかん)制のもとでは、藩士、庶民出身の官吏の呼称となり、翌69年廃止された。

[井上 勲]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ちょう‐し【徴士】
〘名〙
① 朝廷または政府に召し出された、学徳のある立派な人。また、召されても朝廷に仕えない者。徴君。
※中華若木詩抄(1520頃)下「宋の列祐天下を奪へども、淵明二朝につかへまいと云て、ついに晉の徴士にてはつるぞ」 〔魏志‐王粛伝〕
② 明治元年(一八六八)から同二年までの間、各藩の藩士や地方の有才の者で朝廷に召し出された者の称。〔第七三‐明治元年(1868)二月三日(法令全書)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

徴士
ちょうし
明治初年の議事官
1868年1月,貢士とともに公議世論を聞くために設置。諸藩士や有能な一般庶民から選んで,参与または議事所の議事官に任命した。任期は4年。同年閏4月の政体書により,政府に登用された官吏の称となり,当初の意味を失い,'69年廃止された。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

徴士」の用語解説はコトバンクが提供しています。

徴士の関連情報

関連キーワード

戊辰戦争早竹虎吉(初代)明治東京(都)ブートレロフ津田ブハラ・ハーン国ブラームスブルックナー柳河春三

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation