@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

徽宗【きそう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

徽宗
きそう
Hui-zong; Hui-tsung
[生]元豊5(1082).10.10. 開封
[没]紹興5(1135).4.21. 五国城
中国,北宋の第8代皇帝 (在位 1100~25) 。靖康1 (26) 年,軍の攻撃を受けて国都開封は陥落,みずからは欽宗とともに捕虜となり (→靖康の変 ) ,紹興5 (35) 年五国城に死した。政治的才能は乏しかったが,詩文,書画などにすぐれた才能を示し北宋詩壇の代表であるほか,造園,建築にも造詣が深く,また古美術の大収集家としても知られている。またほかに大晟府という楽寮を設置して音楽を奨励したり,王立美術学校を建て,画院を整備して画家を保護し,みずからも花鳥画に特異な才能をみせ,また書をよくして痩金 (徽宗の雅号) 体を創始した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

き‐そう【徽宗】
[1082~1135]中国、北宋第8代の皇帝在位1100~1125。名は佶(きつ)。書画の名手として知られ、文化・芸術を保護奨励したが、政治力なく国政は乱れ、の侵入に際し帝位を子の欽宗(きんそう)に譲位、のち親子とも捕らえられ、今の黒竜江省で死去

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きそう【徽宗 Huī zōng】
1082‐1135
中国,北宋第8代の皇帝。在位1100‐25年。姓名趙佶(ちようきつ)。第6代皇帝神宗の第11子。母はその侍御陳氏。兄の第7代皇帝哲宗の病死後,向太后(しようたいこう)(神宗の皇后)の支持をうけて帝位についた。太后摂政中は,新(革新政策),旧(保守政策)を折衷した政治を行ったが,太后がして親政すると,父神宗の断行した新法を採用した。しかし,政治には熱心でなく,蔡京(さいけい)を信任してまかせきりにし,豪奢な生活をして国費をついやした。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

きそう【徽宗】
1082~1135 中国、北宋の第八代皇帝(在位1100~1125)。神宗の子。新法を採用し、蔡京さいけいらを重用。靖康せいこうの変で金軍の捕虜となり、五国城(黒竜江省)で没した。道教を尊崇し、詩文書画をよくした。 → 靖康の変

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

徽宗
きそう
(1082―1135)
中国、北宋(ほくそう)の第8代皇帝(在位1100~25)。名は佶(きつ)。第6代神宗の第11子であるが、兄の第7代哲宗に子がなかったので、哲宗の死後、帝位についた。初め向(しょう)太后が摂政となり、新法と旧法とを折衷する政治を行ったが、翌年太后が亡くなって親政すると、新法を継承して、旧法党の官僚を徹底的に弾圧した。しかし政治にはあまり熱心でなく、宰相蔡京(さいけい)の勧めに従って豪奢(ごうしゃ)な生活を送り、遊興の費用を賄うために人民に重税を課した。なかでも、江南から奇石珍木を徴発して都に運ばせた、いわゆる花石綱(かせきこう)は江南の民衆を苦しめ、方臘(ほうろう)の乱(1120~21)を引き起こす原因になった。また山東一帯では、『水滸伝(すいこでん)』で有名な宋江(そうこう)らの反乱が起こった。そのころ東北地方にいた女真(じょしん)族が遼(りょう)の支配を脱して独立、金(きん)を建国し、南に侵入して遼を滅ぼし(1125)、さらに南下して都の開封(かいほう)に迫った。そこで位を子の欽宗(きんそう)に譲り、教主道君皇帝と号した。翌1126年、再度の金軍の侵攻を受けて開封は陥落(靖康(せいこう)の変)、彼は欽宗とともに捕虜となって北に送られ、五国城の配所で没した。政治の才能はなかったが、詩文をよくし、書では痩金体(そうきんたい)とよばれる独特の書体を創始し、画でも院体画の大家であって、その花鳥画はわが国の大名たちにも愛された。また全国から書画、骨董(こっとう)を収集して、古器物研究の風を興し、宮廷に書画学を設けて芸術家の養成に努めるなど、文化の保護に力を入れたので、宣和(せんな)時代とよばれる美術の黄金時代がつくられた。[竺沙雅章]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

徽宗 (きそう)
生年月日:1082年10月10日
中国,北宋の第8代皇帝(在位1100〜25)
1135年没

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

き‐そう【徽宗】
中国、北宋の第八代皇帝(在位一一〇〇‐二五)。旧法党を退けて、新法を採用し、蔡京(さいけい)らを重用。道教を崇拝し、国費を乱費して、農民暴動「方臘(ほうろう)の乱」をひき起こす。金の侵攻に対し、欽宗に譲位して勤王の兵を募ったが、失敗、北宋は滅びた。みずから詩文、書画をよくして、歴代皇帝中随一の文化人といわれる。(一〇八二‐一一三五

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

徽宗
きそう
1082〜1135
北宋第8代皇帝(在位1100〜25)
神宗の第11子。兄哲宗の病没にあい即位。新法を採用したが,政治は蔡京 (さいけい) らの重臣に任せ,豪奢 (ごうしや) な生活を送った。1120年には,マニ教徒の方臘による農民反乱(方臘の乱)が起こった。金と同盟して遼 (りよう) を挾撃したが,宋は金との約束を守らなかったため金の攻撃を受けた。1125年子の欽宗 (きんそう) に譲位したが,1127年開封で金軍に捕らえられ(靖康の変),北満の配所で死んだ。画院を盛んにしたほか,みずからも院体画(代表作「桃鳩図」)を描き,痩金体 (そうきんたい) の書を創始するなど文化を奨励したので,その治世は,文化史上,宣和 (せんな) 時代と呼ばれる。また道教を尊び道観を多く建てた。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

徽宗」の用語解説はコトバンクが提供しています。

徽宗の関連情報

関連キーワード

アサヒコーポレーションHIV感染者イスタンブールギニア共和国赤壁賦アップルコンピューター[会社]飯岡[町]ギリシア佐嘉荘

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation