@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

心に懸かる【こころにかかる】

大辞林 第三版

こころにかかる【心に懸かる】
気がかりに思う。気にかかる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こころ【心】 に 懸(か)かる
① 心から離れないでつきまとう。念頭を離れない。気になる。
※竹取(9C末‐10C初)「かぐや姫のみ御心にかかりて、ただ独り住みし給ふ」
② 心配なこととして気になる。恐れ、不安などが心に生じて離れない。
※海道記(1223頃)木瀬川より竹の下「都に思おく人々や心にかかりて、有やなしやのことのはだにも、今一たびきかまほしかりけん」
※徒然草(1331頃)一八六「次に轡(くつわ)(くら)の具に危き事やあると見て、心にかかる事あらば、其の馬を馳すべからず」
③ ある人の厚意にたよる。志を頼みとする。情けにすがる。
※源氏(1001‐14頃)薄雲「生ひ先遠き人の御うへも、遂にはかの御心にかかるべきにこそあめれ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

心に懸かる」の用語解説はコトバンクが提供しています。

心に懸かるの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation