@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

心に染む【ココロニソム】

デジタル大辞泉

心(こころ)に染(そ)・む
(「染む」が五(四)段活用の場合)気に入る。心にかなう。「―・まない結婚をすすめられる」
(「染む」が下二段活用の場合)深く心を寄せる。傾倒する。
「皆人の―・むる桜花いくしほ年に色まさるらむ」〈千載・春上〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

こころにそむ【心に染む】
気に入る。意にかなう。 - ・まぬ妻定め、左右なう引くべき様はなし/浄瑠璃・国性爺合戦

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こころ【心】 に 染(し)
[一] (「染む」が自動詞四段活用の場合) 心に深く刻みこまれて離れない。深く心に感じる。印象にしみじみと焼きつく。
※万葉(8C後)四・五六九「韓人(からひと)の衣染むと云ふ紫の情爾染(こころニしみ)て思ほゆるかも」
[二] (「染む」が他動詞下二段活用の場合) 心を傾ける。思いつめる。執心する。
※源氏(1001‐14頃)総角「見奉る人々、若きは心にしめてめでたしと思奉る」
※仮名草子・浮世物語(1665頃)四「その教に随ふて、心にしめて身に行ふ」
[補注](二)は「占(し)む」をあてる説もある。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こころ【心】 に 染(そ)
[一] (「染む」が自動詞四段活用の場合) 気に入る。意にかなう。強く心が引かれる。
※詞花(1151頃)春・一九「白雲はたち隔つれど紅のうす花桜こころにぞそむ〈藤原師実〉」
※浄瑠璃・仮名手本忠臣蔵(1748)九「心に染(ソマ)ぬ諂(へつら)ひも、主人を大事と存ずるから」
[二] (「染む」が他動詞下二段活用の場合) 深く心を寄せる。執心する。
※古今(905‐914)雑上・八六九「色なしと人や見るらん昔より深き心にそめてしものを〈源能有〉」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

心に染む」の用語解説はコトバンクが提供しています。

心に染むの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation