@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

心を留める【ココロヲトメル】

デジタル大辞泉

心(こころ)を留(と)・める
気をつける。注意する。「道端の花にふと―・める」
愛着をもつ。気に入る。
「松はゆたかに竹すなほなるやうにと―・め、手をしめて教ゆるは恋の手習ひ」〈・御前義経記・一〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

こころをとめる【心を留める】
注意する。気を付ける。
愛着を感じる。心を寄せる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こころ【心】 を 留(とど・と)める
① 気をつける。注意する。
※伊勢物語(10C前)四四「この歌はあるが中におもしろければ心とどめてよまず、腹(はら)にあぢはひて」
※俳諧・奥の細道(1693‐94頃)仏五左衛門「かかる桑門の乞食巡礼ごときの人をたすけ給ふにやと、あるじのなす事に心をとどめてみるに」
② 心を寄せる。愛着を感じる。気に入る。
※宇津保(970‐999頃)内侍督「少しなさけあらん女の、心とどめてかの親王の言ひたはぶれんには、いかがはいとまめにしもあらん」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

心を留める」の用語解説はコトバンクが提供しています。

心を留めるの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation